2011年08月15日

Ferrari 375MM

Ferrari 375MM Le Mans 1954 #18 (Chassis# 0380) (AMR)

375mm075.jpg 375mm076.jpg 375mm078.jpg 375mm080.jpg 375mm082.jpg 375mm083.jpg 375mm084.jpg


いやー、初めての AMR だったんですけど、難しいです。
ボディの造型はかっこいいけど、これをモノにするのには私はまだまだ力不足だとよくわかりました。

Ruf 原型のキットは他にもまだ持ってますけど、まだまだしばらくは修行が必要だなぁと思いました。
posted by ワタナベ at 19:12| 北京 ☔| Comment(21) | TrackBack(1) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完成おめでとうございます。
375MMの時代のフェラーリってデザインが渋くて好きです。
ルフ物は難しいです。私は2台しか完成してません。<ルフ物かどうか関係なく完成しないですけど。。。
ホイールが裏返しかどうかは言われても分かりませんので、これはこれでいいんじゃないでしょうか。

Posted by デモドリ at 2011年08月16日 13:54
デモドリさん、

ありがとうございます。
5、60年代のはかっこいいすよねぇ。250シリーズなんかもいいしなぁ。
ルフはやっぱり難しいですか。よかった、自分だけでないことがわかってほっとしました。
Posted by ワタナベ at 2011年08月16日 17:20
完成おめでとうございます!
なんかちょっとヨタハチを彷彿とするデザインですね〜って、ヨタハチが後なのか(笑)?

完成体を見るとまったく製作の大変さが表に出てきていないですが、これって逆にすごいことなんだろうなぁと。
みんな同じように作れると思って手を出すと、大変なことになるんでしょうね(笑)
Posted by FDM at 2011年08月17日 08:48
FDM さん、

ありがとうございます。
ヨタハチ、言われてみれば確かに同じ流れに見えますね。あの時代のデザインの主流がこの辺にあるんでしょうね。

出来上がりに関しては自分自身では全然ダメ、もっとやれたんじゃないかって思ってます。ボンネットフードを留めてる革バンドも根元をちょっと曲げてみると裏から生えてるように見えるはずだとか。ちょっとした工夫でもっとマシになるはずなんですよねぇ。
どうも最近は集中力が足りなくて途中でグダグダになりがちなんです。
もっとじっくり作れる人ならずっとうまく作れる気がします。
Posted by ワタナベ at 2011年08月17日 09:48
完成おつかれさまです(^^)
いや〜やっぱりスタイルいいですね!そこはやっぱりルフ物だからでしょうか?どの方向から見てもカッコいい。
小技や加工も色々と散りばめられてて、修行と言われてますがソレがまた楽しいんですよね。
うちの312T5も弄ってみようかな…。
Posted by 新米パパ at 2011年08月17日 11:59
新米パパさん、

ありがとうございます。
ルフのは大体大柄で迫力あるって言われてますね、たしか。この車種は他のメーカー物は知らないので比べようがないですけど MG model plus のビッグスケールのはなんかずんぐりむっくりした感じですね。

私の 43 year、まだまだ続きます。新米パパさんも是非。w
Posted by ワタナベ at 2011年08月17日 13:26
完成乙!
いい感じじゃないですかね。雰囲気出てますぞ。

やっぱり跳ね馬はかっこいいや。

24でキット出てこないかな・・・
Posted by エル at 2011年08月17日 19:31
エルさん、

実物はやっぱ小さいからもっとアラが隠せていい感じですけどね。www

MG Model Plus のはアレ 1/12 でしたっけ?
Posted by ワタナベ at 2011年08月18日 00:02
出来ましたね♪おめでとうございます。
43の世界は全くわからないので「ルフもの」という部分にはコメントできませんが、この出来が1/43でとなると驚きです。流石猛者!
ニーッと笑ってるような口元の歯並びがイカすマシンですね♪ぶっといタイヤといい、ボンネットに並んだビスといい、流線型なのに無骨な造形がいいなぁ♪
Posted by haltica at 2011年08月18日 19:12
完成乙であります。
ロングノーズも迫力ありますが、丸いヒップもキュートです。実車をじっくり見たことはないので分かりませんが、いかにもルフらしいスタイリングですねえ。これ、プロバンスあたりのだとまた違った雰囲気になるんだと思います。そのあたりを味わうのも43の楽しみ♪
ボンネット上の雑然とした雰囲気が、良くも悪くもこのクルマのスパルタンさを表してますね。本来、その美しさを追求しがちなフェラーリのモデルカーですけどロードカーとレースカーの差別が曖昧だったこの時代のフェラーリ、実戦仕様らしい部分を強調する表現もアリかも知れません。
しばらくフェラーリ作ってないので、何か作りたくなりました。
Posted by おひつじ@tak at 2011年08月18日 20:27
haltica さん、

haltica さんのポルシェのような作りこみはできませんけどねぇ。スケール的にも自身の技術的にも。
グリル、結局自作した部分は綺麗じゃないですけど、完成画像見て立体になってるので「まぁやってよかったのかな」程度ですわな。


おひつじ@tak さん、

私も実車は画像でしかみてないのでアレですけど、こういう迫力のあるダイナミックな感じはルフの真骨頂って感じでしょうか。
ボンネット上もそうですけど、ワイパーが三つあったりするところもなんか普通でない感じで好きなポイントのひとつです。
リベットはやはりオーバースケールですよねぇ ww
Posted by ワタナベ at 2011年08月19日 12:21
完成おめでとうございます。
車体に対して大きく見えるタイヤやリベットがこのクルマ独特のキュートさにつながっていますね。
クルマが手作りだった頃の雰囲気がよく出ていて面白いです。
上下3本のワイパーもタダモノではない雰囲気ですね〜
Posted by クラクラ at 2011年08月19日 22:15
お疲れさんでした。
375の中で、ルフってのは格別にカッコイイですねぇ。
私には高級すぎて手が出ないですけど。
Posted by 43street at 2011年08月20日 10:42
完成乙です!
久し振りのコメントでお邪魔します。
フェラーリは、やっぱりフェラーリですね。
細かなパーツは結構シビレそうです。
こういうの完成品が並ぶと雰囲気があって良さそうですね〜
Posted by oshanpin at 2011年08月20日 17:40
クラクラさん、

後ろがキュートなのに前はスパルタン、なんつーかとっても興味深いデザインだと私も思います。
三本ワイパーは実際のトコ本当に役に立つのか疑問ですけどね。ww


43street さん、

この375MMってル・マンでは4時間くらいでリタイアしてるんですよねぇ、しかも脱輪してリカバれなくてリタイア、なんていうかっこ悪い www
そんな車種でもリリースされてるのがうれしいすね。ルフものは高級かもしれないですけど、チャレンジしません?後悔はしないですよ。

oshanpin さん、

「完成品が並ぶと」、うーんまさにそのとおりなんですけど、私の43のキットコレクションはてんでバラバラなので似た年代、似たジャンルを並べるのはなかなかホネです。www
でも、仰るとおり数台でいいから並べたいですねー
Posted by ワタナベ at 2011年08月20日 19:24
すまん。フィニッシュしてたのに気付かなかった。独特のノーズラインとプリプリのオケツが良い具合のデザインですな(アッー!
Rufのキットって凄くアイデンティティがあるけど、反面製作には独特の取っつきにくさがあるやね。なんだかんだ言っても完成させた者勝ちなのは変わらんとですがね。リベットとか窓とか私なら途中で投げちゃってるかな〜って思いました(笑。いや、もうマジお疲れ。
Posted by @河童 at 2011年08月20日 19:37
@河童さん、

やっぱ「尻」なのね、おいちゃん www

考えてみたらメタルの箱車ってこれが初めてだったのよね、オレ。気がついてからなんかかなり無謀ぶっこいてた気がしてきた。www
Posted by ワタナベ at 2011年08月21日 12:57
今度の会合で実物見るのが楽しみです。

こちらは中々前進しませんが、焦らず取り組んでいきます。
Posted by えてきち at 2011年08月22日 14:43
えてきちさん、

実物は・・・どうでしょうね。画像にすると拡大されるので粗も見える半面、見せたくない部分を隠すこともできますけど、実物だと細かいところはわからなくなるけど全部眺められるのでミスってるところ見つけられたり。

私は最近どうも堪え性がなくなってきてて、とにかく前に進んじゃってますねぇ。納得いくまでやり直すとかしなくなってきました。(以前もそれほどではなかったですけど・・・)
Posted by ワタナベ at 2011年08月23日 09:51
ワタナベ様
いや本当に部品あれだけしかない375、美しく仕上げましたね。さすがです。先日、オフ会で実物拝見してびっくりしました。しかし、この43王道って、このそっけない構成のキットであることが、却ってソソルんでしょうね。そっけない㊛のほうが...と一緒なんでしょうね。おっと、横道にはいってしまいました。やはり王道は、自分なりに手間をかけたyることでしょうが、ワタナベさんほどのテクニックをもってしてもやはり手ごわいのですね。むむむ勉強になりました。
Posted by チバ at 2011年12月19日 17:07
チバさん、

このキットはどちらかというと部品点数は多い方ですけどね。フォーミュラのフルディテールキットだともっと部品多いですし。
「自分なりのものを作る」これはスケール関係無く模型の王道でしょうねぇ。チバさんのCKも満足感大きくなかったですか?そこが一番重要ですよ。
Posted by ワタナベ at 2011年12月21日 13:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

フェラーリ 375 MM スパイダー 1953
Excerpt: フェラーリ 375 MM スパイダー 1953 ( Ferrari 375 MM Spider 1953 ) イタリアの名門、フェラーリの375MMです。 このマシンは、初の4.5リッター・スポーツカ..
Weblog: CAR DE SiGN
Tracked: 2015-04-09 20:51