2011年11月22日

ダクト開口

めっきり寒くなりました、北京。北海道も同じような感じでしょうかね。
昨晩は最低気温が−3度の予報でした。今外は北風ビュービュー吹いてます。


前振りネタもないのでとっとと本題に参りましょうか。


前回、バイザーを作るべくバキュームフォームの型を作ってましたよね。
あれを使って週末にバイザーを作ってしまおうと思ってたんですけど、1、2回失敗した後突如掃除機が壊れてしまいまして。orz


掃除機は使えないわ、手持ち残りの塩ビ板は一回分しかないわで、結局まだバイザーはできてません。

で、気をとり直して NACA ダクトの開口でもおっぱじめたんですが、


t4054.jpg



あ、あな、穴空いちゃった!



慌てて確認したら


t4055.jpg

さっき穴あけちゃったところは画像向かって下側の部分だったんですけど、どうやらこのダクト周辺はメタルの回りがよくないみたいで、他のところも透けてますわ。orz

もともと目論んでた方式は底を張り替えるのではなく、ダクトの蓋側を洋白板に置き換える方式だったのですよ。
というのも裏側を綺麗に張り直すのは難しそうなので・・・。


どういう方式かっつうと、


t4056.jpg

こういう事です。

ダクトの上側エッジ部分を盛大に削り取って、極薄の洋白板で蓋をする。で、開口部を綺麗にみせると、ね。


t4057.jpg

モリモリっと半田で固定しまして、


t4058.jpg

ゴリゴリっと余計な半田を落として終わり。

この加工、初めて挑戦したんですけど、いいすね!「うまくいけば」の条件付きだけどさ。


t4059.jpg

後部のブレーキダクト導入口も同じように加工しました。

最初に底を抜いちゃったサイドポンツーン上のダクトはまだ格闘中です。
ていうか、綺麗にできる自信がもうないので晒さないかもしれない・・・
posted by ワタナベ at 18:52| 北京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | Ferrari 312T4 (Racing43) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらも今朝は一番の寒さでした。つ〜ても氷点下3度じゃなくて3度だけど(^^;

ありゃ?掃除機が?ここはひとつバQ用に新調ですなw
そうそうNACAダクトは穴アケが定番…って違いますね。横にあるルーバーも透け具合が気になるのですがどうします?(圧
Posted by 新米パパ at 2011年11月22日 20:25
新米パパさん、

今朝、会社に着いたときは−1度でした。風も吹いていたので体感気温はもっと下だったのではないかと思います。

掃除機はまぁこっちじゃ消耗品みたいなもんですわ。7年ちょっといて2台壊れました。
ルーバー部分は裏から補強するだけでスルーですよスルー。
Posted by ワタナベ at 2011年11月23日 09:58
ご無沙汰してます。なんだか、今日は北京、マイナス10度とか?東京はまだ15度(もちろんプラスの)程度あるので、全然冬になる感じがしません。紅葉もまだですし。

ダクト一度手をつけ出すと、これ以降に作るもののダクトをすべて開口させなくちゃ〜って言う訳のわからない呪縛にとらわれそうになるのでご注意を(笑)
でも、やったのとやらないの、見比べると明らかにやったものの方がシャープに見えると思います。出来てからが楽しみですね♪
Posted by Yoshitaka at 2011年11月25日 22:54
Yoshitaka さん、

ご無沙汰、もうこっちは完全に冬です。
家の中は暖房効いてるので全然つらくないですけどね。

実はこのダクト開口、やらない箇所があります。最後の画像で見えてる NACA ダクトは小さ過ぎるので私には無理と判断、放置します。
全部開けるほど根性ないんです。ww
Posted by ワタナベ at 2011年11月26日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック