2012年03月07日

キャブ

YouTube 、みなさんご存じですよね。

あれ、ミュージシャンなんかの DVD とか自分で撮ったライブ映像とか、事務所やらレコード会社によっては片っ端から権利主張して削除したりするケースありますよね。
著作権だけじゃなくて肖像権も絡んだりするから簡単には言えないのかもしれないんですけど、あれって酷く前時代的に思えるんです。


中国では、新譜でもなんでも簡単に MP3 でネットにあがってたりします。もちろん著作権を大事にしないといけないのはもちろんなんですが、中国国内のエージェントの考え方は諸外国とはちょっと違ってて、もともと CD の売上げで喰っていく気ってのはあんまりないらしいです。
(聞きかじりなので正しいかどうかは知りません)

ラジオで流れる、MP3 でも流通する、結果テレビ出演やコンサートが増える、その出演料でペイしてしまおう。つまり、楽曲は単なる販促材料でしかない、そんな感じみたいなんですね。作詞・作曲をしている人へのペイはどうなるのか知りませんけど、なんかこれって目から鱗的発想に感じたんです。テレビの視聴者数がハンパなくデカいからできる芸当なのかもしれないし、もともと海賊版が多いから必要に迫られての選択なのかもしれませんが。


も一回 YouTube に話は戻るんですが、自分で録画したコンサート動画なんて角度は決まってるし音質だってよくない、PV ならそもそも宣伝材料なわけで、なんでそんなの削除しちゃうの?バカじゃないの?って思うのですよ。
逆に積極的に画質落としたりしたものを残す、流すとかして興味をかきたてればいいのにって思うわけ。で、興味持ってもらうきっかけにすればいいじゃん、とね。
実際、私自身 YouTube で知ったあるグループが好きになって全 CD、DVD 日本で正規版買いました。


AKB が売上げトップとか言ってもあんなのは実力じゃないじゃないですか。衰退の危機が叫ばれて久しい音楽業界ですけど、あんなことして売上げ稼ぐよりも楽曲の良さとか本質的な所で勝負していかないとそりゃ衰退する一方でしょうよ。で、本質的な所で勝負するためにはまず知ってもらわないと話にならないわけで。
テレビやラジオでタイアップするとか古典的な手法では間に合わないのが現代じゃないんですかね。ネットだったらいつでも自分が好きなタイミングでコンテンツに触れることができるわけですよ。テレビやラジオなんてその時たまたま点けてないと逃しちゃうわけでしょ。


「すきだー」「あいたいー」「さびしいー」なんて単純な歌が流行ってる(らしい)ようではお先真っ暗すよ。


と、REBECCA とか見て思ったりした。


なんかまとまってないなー wwwwww



まー、言うても電気グルーヴの昔の音を感じられるって理由で最近 Perfume 聴いてるあっしが言っても説得力ないですが。wwww
(あ、全 CD、DVD 買ったってのは Perfume じゃないです)

a310017.jpg

前回の記事で想像ついた方がいたかもわかりませんけど、

エンジンブロックから直接ファンネルが生えてるのはおかしい。

途中に何か挟めば・・・

何かって、キャブレター?

そう、実車画像見てもキャブが途中にあるんですねー


a310018.jpg

つーわけで、ファンネルより太い丸プラ棒を軸にして間をプラ板でつなぐ。この辺は後から整形しちゃうのでいびつでもよくて、ポイントは丸プラ棒の間隔が均等になることと垂直になること。
(なってないですか?はい、すみません)

頼りないプラ板部分は単なる土台の役目でしかなくて、間にポリパテを充填しちゃうんですねー


a310019.jpg

プラ棒の真ん中に穴開いてるのはダボを通すためです。

エンジンブロックに取り付けてみて高さを調整していきましょう。水平方向が揃うようにゴリゴリ削ったり。


a310020.jpg

プラ棒の丸い部分が若干残るようにパテを削ったり盛ったり。

そのままではなんか寂しいので上下をエバグリのプラ細切りでぐるっと囲って段差をつけてみたり。



a310021.jpg

とまぁ、こんな感じにキャブらしき何かをでっち上げるわけですよ。www



a310022.jpg

エンジンブロックにセットしてみても、そんなに悪くない感じ。

大体ですね、このシリンダーヘッドからして実車とは大違いな形状してますから、キャブらしき何かももう精密感とか実車同様の形状とか、そういうことはどっかに置き去りにしたまんまとにかく雰囲気を出そうってコンセプトで。


a310023.jpg

ファンネルも両面テープで止めてどんな感じか見てみました。

えぇ、雰囲気ですよ、ふ・ん・い・き www


で、ここで悲しいお知らせが。




a310024.jpg

ファンネル、高さありすぎてフードが閉まらない wwwwwwwwwwwwwwwww


つーわけでキャブらしき何かの高さを削ったり、フードの裏側を薄くしたりしてなんとか収まるように修正しときました。
posted by ワタナベ at 17:18| 北京 | Comment(6) | TrackBack(0) | ALPINE A310 V6 (Fujimi) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全CD&DVD購入のアーティストが気になる…。
ちなみに我がipodもPerfumeがガンガンかかってま〜す♪んで関連としてcapsuleも絶賛パワープレイ中。昨年からテクノをまた聴きだして、YMOの全CDをオクで漁ったオイラですw

更新ペースが昔のように凄いんですが?(^^;
あれ?エンジンってこうだったんだ?うちのは…適当に塗り分けてプラグコードだけ配線したような記憶が…。
ちなみにちょうど一年前の大震災で大ダメージを喰らった1台で、破損したパーツと一緒にダンボールの奥に眠ったままだったりしてます。
Posted by 新米パパ at 2012年03月08日 14:26
テレビやラジオで歌を流したりバラエティ番組にタレントを出すことで放送局に対して主導権を持っていた芸能事務所にしてみればネット媒体なんて「敵」以外の何者でもないでしょうから。
その点、件のAKBは新しいと思います。youtubeに公式ページがあってちょっと前のPVなんかまるごと観られますもんね。
まー「曲自体がたいしたことないので惜しくも無い」のかもしれませんが、それ観てまたファンになる人もいるわけだし(拙者でござるよ。)
女の子大勢使ってうまいこと商売してるなーと感心することも多いっすよ。
これからの芸能界、「見て見ぬふり」ってのが肝心と思います。いや、ホント。
Posted by クラクラ at 2012年03月08日 22:28
新米パパさん、

全CD, DVD 買ったのは TRIX っていうバンドです。

更新ペースは上がったり下がったり安定してないのが昔と違う所ですかね。
ダメージってどの位でした?レストアしませんか?


クラクラさん、

AKB 、本人達は頑張ってるかもしれませんけど、私がイヤだなぁ、と思うのは周りの大人連中。やれ総選挙だ、握手券だと CD 売り上げが操作されてるじゃないですか。ロンドン五輪でのオープニングだかなんだか(詳しいとこは忘れました)で歌う歌手を投票しようって企画があって韓国のネチズン達がガンガンに不正投票して上位が全部韓国人歌手・グループになってたのと同じものを感じるのです。
AKB の CD が売れてるならそれでいいじゃん、という話ではないと思うのです。音楽業界全体として考えた時にそれでいいの?と。
Posted by ワタナベ at 2012年03月10日 00:57
ボクが思うのはYoutubeの著作権の問題より今のCDの売り方の問題だと思うんです。いつの間にか8cmシングルからマキシシングルになり、実質的な内容量は変わらないのに当然のように価格が上がり、しかも、最近なんて同じタイトル曲のシングルにTYPE-AからC、それに通常版と4パターンくらいまであったり。カップリング違いだから熱烈ファンは追いかけるんですよ。でも、にわかファンは余計に離れる原因になっていると思うんですよね、個人的に。自分はCDはあくまでCDだけの販売であって欲しい(=DVDはいらない)のに、初回盤には付いてきてしまうから、仕方なく買っている色がかなり濃いんで、そこをどうにかして欲しいですね。もはやインディーズバンドの方が売り方やらプロモーションの仕方など、嫌な大人たちの思惑にはまらず自由に出来る分、それこそYoutube問題もうまくクリアしてるんじゃないかなと思います。

微調整で済むくらいの高さの違いでよかったですね。ファンネル、基本的なところから作りなおしだと絶対にモチベーションが失われるでしょうからw
Posted by Yoshitaka at 2012年03月11日 19:09
著作権の保護というのは微妙な問題ですよね、デジタル技術とネットのせいで優秀なアーティストが正当な報酬を受けられないという事実がある以上、違法頒布が黙認されることがあってはならないと思うのです。
YouTubeに限って言うならその画質や音質でCD、DVDの販売が阻害されることはないにしても、その論理が通るといずれ海賊版の横行を許すことになります。
ネットの伝播力の応用に関しては、それなりに音楽業界も取り組んでますから(たとえばニコ動やGyaoによる限定公開など)、そのへんは切り離して考えないとね…。

AKBに関しては、インチキ商法は困ったもんですが、それが通用してしまう売り方のうまさに感心してしまいます。秋元やるなあってw
草の根活動から始めてここまで来れたのは、アイドルとミュージシャンとは違うところもありますが可能性を示したんじゃないでしょうか?

ただこれからの時代、音楽の嗜好や趣味が多様化していく以上、昔みたいにCDがバカ売れすることはないように思います。むしろ、真っ当な数が売れる時代なのかなーと。
Posted by おひつじ@tak at 2012年03月12日 04:17
Yoshitaka さん、

Youtube の話はまぁ旧態依然とした業界の体質を表してる一例であって、それを打破しようとしてるのが AKB 商法じゃ先行き暗いまんまでしょ、と思うわけです。売り上げを伸ばすのに考えた手法がパッケージ替えとか抱き合わせとかじゃ、なんていうか小手先だけの目新しさで続かないと思われ。

ファンネルの微調整、ファンネル・カバー付けるのを断念してやっと高さをクリアしてるので、本来なら微調整どころじゃなかったんですわ www


おひつじ@tak さん、

公式チャンネルとかで高画質で PV 公開してたりしますよね。あれをやってて第三者のアップしたものは削除、というならわかるんですが、代替になるものもないのに片っ端から削除ってのは宣伝機会を失ってると思うのですよ。別に公式チャンネルでアップされてるものが高画質である必要もないと個人的には思っています。

趣味嗜好が多様化しているはずなのにランキングチャートが AKB 一色、イベントのイメージキャラが AKB 一色、なんていうのが気持ち悪いと思うのです。
受け手が低レベル化したのか、一般的には総スルーで一部の熱狂的ファンが支えているのか、なんにしても「ほんとにこれでいいの?」って感じです。
Posted by ワタナベ at 2012年03月12日 11:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック