2013年08月20日

ルーバー再び

北京モデラー会なるゆる〜い会に所属してるのはご存じですよね。

みんなでガンプラ作ろうとかいいだして、それが終わったら調子に乗って今度は空モノ作ろうとか。

dscf1015.jpg

で、密かに作ってたんですが、大体形になったのでお披露目。
トランペッターの 1/144 メッサーシュミット Me262 A-1a です。

いやー 1/144 ってホント小さいのね。これに迷彩塗装するのは難しいです。
継ぎ目消しなんかしようものならモールドは消えそうになるわ、フォルム自体が崩れそうになるわで大変でした。で、このキット、基本的に接着剤不要のスナップフィットを目指してるようで、色んなところにダボというか固定軸がモールドされてます。
精度が高ければそれもいいんですが、精度が低いのに強制的にパーツの合わせ部分が決められてしまうので逆に合わせめのズレが大きくなったりして難儀すること間違いないです。

あ、私はそういうところは全部切り飛ばして接着剤使いましたけどね。

しばらくは作りたくないかなぁ・・・ www

というわけで前回含みを残したままだったリアのルーバー、

Char047.jpg

同じ手順でもう一個作りましたよ。
向かって右側が新しい方。古い方は微妙にすき間が歪んでて汚かったんです。なので、作りなおしたいと思ってたわけでした。
新しい方はスペーサーのプラ板は 0.5mm をチョイス。前回のスペーサーは 0.4mm だったので若干すき間が広くなった感じ。ほんとに「若干」だけどね。

Char048.jpg

ボディに合わせてみます。いいんじゃないですかね。
スペーサーのプラ板を瞬間接着剤で付けてたのでアセトンに入れて剥がすわけですが、純アセトンなんて持ってないので除光液を使ったんですね。以前 Studio_Rosso さんに「除光液使うと水分で錆びるよ」って注意受けてたんですわ。その注意事項を覚えてはいたんですけど、ないものはしょうがないので除光液使ったらやっぱり錆びましたね。www

幸い金属地そのままを使うわけではないので、ペーパー掛けして表面の錆落としして塗装すればいいんじゃないかな、と。ダメですかね。


Char049.jpg

で、見づらいですけど最後に縦桟をいれました。
これはね、洋白の帯金を縦に半田付けするだけ。実車とは構造違ってるけど気にしない。それっぽく見えればいいのです。どうせ裏なんか見ないし。


ていうか、最近ホント手が遅くなったなぁと思いますわ。昔はこの程度なら1日で済ませて、週に2、3回更新してましたもんねぇ・・・
posted by ワタナベ at 12:49| 北京 | Comment(8) | TrackBack(0) | Stratos Chardonnet `75 TdC (Racing43) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだー、先にこっちで公表しちゃったんですね。

僕のゼロ戦、塗装直前まできてるんですが…。
今晩頑張って塗るけど、明日の会合には間に合いそうにないっす。
Posted by えてきち at 2013年08月20日 13:38
2個目が精度上がるジンクス炸裂ww
画像でもスッキリシャッキリしたのが伝わります。
Posted by Ohtoro at 2013年08月20日 14:44
ペキモさんがこういう工作好きか分からないですけど、毎度毎度丁寧にやってますね。
なんかこの手の工作、頭の中で完了しちゃって、なかなか手が動かないです。
Posted by デモドリ at 2013年08月20日 15:28
えてきちさん、

あーすんませんねぇ。まさかこんなに早く発見されると思ってなかった。最近は不定期更新だし。w
明日は、DBS とメッサー、それと作りかけのこのストラトスの3本立てです。FW26 は・・・いろいろあって見せたくない w


Ohtoro さん、

でしょでしょ?ジンクスっていうか、まぁだいたい理由はこないだ書いた通りでわかってるんですけどね。
きよみさんは1個めの方が出来がいいって言ってたけど、2個めだと気合いが持続しないのかな。


デモドリさん、

こういう工作、好きなのは好きだけど、下手の横好き。今回は気力振り絞って作りなおしたけど大抵は「まぁいいか」でやらない事が多いすよ。
Posted by ワタナベ at 2013年08月20日 16:01
おー、トラペのMe262だ、私も以前作りましたよー。モールドとか太くてひと昔前の144的なキットでしたね。なかなか良い感じで完成してるじゃないですか。私も迷彩には苦労して、何度もやり直してたら迷彩模様が分からなくなってしまいました、いつかリベンジしたいです。(他社のキットでw)
空中線とループアンテナ追加すると精密感増しますよ!

二代目ルーバー、お見事です!ストラトスはここがシャキッと決まるとそれだけで一段上の仕上がりになりますね。ボンネットのスリットはエッチングでバッチリでしたっけ?ほかにもポイントは多いストラトスですが、おおむねメドは立ったのではないかと。
Posted by おひつじ@tak at 2013年08月20日 21:06
おひつじ@tak さん、

ラッパの Me262 作ったことありましたか。デカール指示番号が間違ってたり、増曹タンクパーツがなかったり、なんかエラーのあるキットですよね。ww
ループアンテナ、箱絵見てつけようかどうしようか考えました。お薦めならやってみますわ。

フロントのルーバーはまだ確認してません。キットのエッチングにするかエルさんから貰った謹製エッチングにするか決めてませんけど、まぁどちらにしても「抜く」ようなやっかいな真似はしません。ww
Posted by ワタナベ at 2013年08月21日 12:22
いやいや真鍮なら錆びても問題ないですよ、磨けば良いですからね。問題なのはアルミの場合ですね。アルミが錆びると意外に深く穴が開いてしまいますから磨いてもとれない場合も出て来ます。
スリットはなかなか決まっているじゃないですか、私も今度から作り直そうかな〜。
Posted by Studio_Rosso at 2013年08月22日 14:21
Studio_Rosso さん、

解説ありがとうございます。アルミは溶接できる道具がないのでほとんど使いません。ちなみにこれ洋白板の切り出しです。錆びた後の色は真鍮っぽくみえますね。

スリットは Yoshitaka さんが作った ARENA のキットを見せてもらって以来「やっぱ抜けてないとなぁ・・」と奮起した部分です。あと、今までだと「おれアマチュアだし」なんて言い訳しながら作り直しを避けてましたけど、Studio_Rosso さんをはじめとする皆さんの製作をみてて「甘えてる場合じゃねぇ」とがんばりました。w
Posted by ワタナベ at 2013年08月22日 17:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック