2014年07月28日

色入りました。

日常のネタが最近さっぱりないすね・・・

というわけですぐに本題

tz2125.jpg

前回自らダメ出ししたステアリングは再度挑戦しました。

その結果、うーん、マシにはなったけど「すごく良い」ってほどでもないすね・・・
この辺りが私の限界なんでしょうかね。

tz2126.jpg

予告していた通り塗装に入るべく最後のサフを吹きまして、スポンジペーパーで表面を均します。

今回は60年代の車ですので、あえて発色をよくしない。グレーサフの上に直接ボディカラーを塗りました。


tz2127.jpg

使ったのはフィニッシャーズのリッチレッド。
やっぱり暑かったからですかねぇ、それとものすごいひさしぶりの塗装だったからか、見ての通り塗膜が荒れてしまいました。

乾燥したあとラプロスの #6000 辺りで中砥ぎしてみますが、それでもダメだったらもう一回塗るかも。
posted by ワタナベ at 14:45| 北京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | AlfaRomeo TZ2 (Provence) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
くすんだ暗めの赤がいい味出してます。

1回目は良い感じそうだったし、中研ぎしてクリア吹けば十分に行けるのでは…?

今回も「再塗装も辞さない宣言」付きww
恐るべしTZ2の魔力(なんか、悪魔のZ思い出したw)
Posted by Ohtoro at 2014年07月28日 17:55
Ohtoro さん、

1回目のだけだと塗膜がいまいち薄そうだったので噴き重ねたんですけど、アダになりましたわ。
多分、中砥ぎで対応できると思います。エッジとかで変に下地出さない限り・・・
Posted by ワタナベ at 2014年07月28日 18:02
やっぱり湿気だけじゃなく、暑っつい日に塗装は良くないですな(^^;
リッチレッドはうちでもお気に入り。
Posted by 新米パパ at 2014年07月29日 19:27
新米パパさん、

逆に北京あたりだとちょっと雨降った後位の方が湿度がちょうどいい位かも。w
リッチレッドは隠蔽力も高いし(ていうかフィニッシャーズのは大体そうかな)、まんま「赤!」って感じがいい色ですよね。
Posted by ワタナベ at 2014年07月30日 10:17
暑い時は乾くの早いからゆず肌になりがち。
対策としてはリターダを入れることをおすすめ。
最後に少々薄めの塗料を吹くのもいいかな。
とにかく一気に吹いてしまうことが何より。
少しペーパー当てて、下地を出さないようにして、もう一度軽く吹いては如何?
あまり吹く過ぎると黒っぽくなっちゃうからお気を付けて。
Posted by エル at 2014年07月30日 19:54
エルさん、

リターダーは持ってるけど使ったことなかったですねぇ。大抵クレオスのリターダー入りシンナー使ってるからかな。今回はフィニッシャーズの塗料だからピュアシンナー使ったわけですけど、そこにまったく気づかなかったです・・・

塗膜のリカバリは、実は既に済んでたりして。w
大体おっしゃる通りの手順で無事リカバリできました。
Posted by ワタナベ at 2014年07月31日 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック