2015年06月17日

ホイール

前回の記事でちょっと触れた部分、

sl012024.jpg

これですよ、ギアボックスの上のダボにウィング嵌めて、さらにエッチングの支柱を上から差し込む。

このエッチングはギアボックス側に2本ダボがあって、ギアボックス側に凹が軽く入ってる。その凹はまぁドリルで深くする必要があるんだけど、位置決めとか全然調整しないでもこの通りバシっと決まります。

この精度はプラモ並みでスゴいなぁと感心したわけですよ。

まだまだ未加工のパーツがたくさんあるので黙々と進めましょう。

sl012023.jpg

ブレーキディスクのパーツは二枚をあわせる形式。

ところがこれが冷却穴の合わせめをきちんと合わせるのにいいアイディアがなくて困るんですよねぇ・・・。こういう所こそダボが欲しいかな。
片方に半田を流しておいて、慎重に合わせたところで外側から熱を加えて溶着させます。けど、難しいすわホント。


sl012025.jpg

んで、ホイール。
今回はマジメに作ろうと思っているのでいつもスルーしているビードストッパーなんか再現してみようか、と。0.5mm のドリルで十字になるようにホイールリムに穴を開けます。


sl012026.jpg

外径 0.5mm の真鍮パイプを適当な長さに切ったものを差し込み。
リムの内側に顔を出す長さは微量にとどめておきます。あまり主張しすぎると嘘臭くなりますしね。


sl012027.jpg

念のため外側から瞬着を塗って固定したあと、モーターツール+丸鋸で余計な部分を切り落とし。

ひさびさにマジメに作ってます。
posted by ワタナベ at 13:24| 北京 | Comment(5) | TrackBack(0) | Tyrrell012(SilverLine) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおっ、かっこええブレーキディスクだ。ウチで貼り合せる場合は内径の合う切り先(100均で売ってた安いやつ)を差し込んでズレないようにしてハンダを流してます。

ビードストッパー。懐かしいw
初めて作った43の008で何本ドリルを折ったことか…。なるほど真鍮パイプで後から外側を揃える手もあるんですな。
Posted by 新米パパ at 2015年06月17日 18:00
パーツ作らなくて良く、しかも合いが良いキットと聞けば俄然作りたくなってきますww
ディスクブレーキの造形凝ってますなぁ。
放熱穴の位置出しはアイデア無いですけど、ワタシは瞬着派ですね。やり直しがしやすいのとステンハンダは信用してないからですが。
ビードストッパーの位置出しが難しそうだけど綺麗に揃ってますね。
Posted by Ohtoro at 2015年06月17日 20:20
新米パパさん、

ブレーキディスクのディスク面に擦り傷付けたいんですけど、中心の穴が小さすぎて咥えさせるマンドレールがなくて困ってるんですよねぇ・・・。なんかいいアイディアないだろうか。
ホイールリムへの穴開けはまったく苦労しなかったです。008 の記事みましたけど、あれ材質がアルミではないんですかね。こっちのはアルミなのでドリルは全然平気でした。


Ohtoro さん、

パーツ作らなきゃならなくて、合いもよくないキットを征服するのも快感ですけどね。時々こういう良キットも触らないと心が折れますわな。
瞬着と半田でどっちがやり直しやすいかは意見が別れるかなぁ。
Posted by ワタナベ at 2015年06月18日 10:03
組みやすいキットって、何かしら工作加えちゃったり工程変えちゃうと、塗装の時に困らされることも結構多いんですよね。ガンプラ作ってて頭抱えさせられましたよ。まぁ、車模型は可動が無い分工程のアレンジメントはしやすいけど、フォーミュラーのウィング関係なんかの様に、組んでから塗るか塗ってから組むかなんてのは永遠のテーマかも。
Posted by @河童 at 2015年06月22日 15:24
@河童さん、

ガンプラは確かにいろいろジレンマありますな。メーカー側は塗装しづらいことわかってるから多色成形とかやってくれてるけど、それで我慢できないユーザーはさらなる工夫と苦難を強いられるっていう。

ウィングの塗装は同じ色なら先に組んじゃうのが簡単だし精神衛生上もいいけど、最近のフォーミュラにありがちな「翼端板の表とウィングが同色、翼端板の裏がカーボン丸出し」ってのがやっかいかな。
この 012 のウィングはそういう面倒なぬりわけになってないので翼端板は全部先に接着してます。
Posted by ワタナベ at 2015年06月23日 14:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック