2015年06月23日

車高

かねてより某所から「本場のチャイメシがなんぼのもんかみせたらんかぃ、ワレェ!」とリクエストを受けていたのを思い出したので、こないだ喰ったものを。

IMG_20150620_195301.jpg

看板が光っててほとんど読めませんけど、うちの近所にある「重慶快子麺」ていう店。(本当のところ、字はちょっと違うけど、このブログは中国語の文字は化けるので)

ご覧の通り、店はそんなに広くなく、提供する品数もざっと20から30位かな。いわゆる「快餐(ファストフード)」的な店です。ここでお気に入りなのが


IMG_20150620_200029.jpg

「重慶小面」というコレ。
ま、見てわかる通り辛いです。

作り方を紹介してるページを参照してみると材料は坦々麺と同じようなんだけど、比率が違うんですかね。すごく香ばしい辣油たっぷりな麺料理です。あと、麺が坦々麺で使うのと違って色が黄色い麺です。
重慶で使う麺はみんなこのタイプって気がする。

sl012028.jpg

ギアボックスの上部モールドパーツはオイルタンクと一体になっていたのですが、切り離してしまいました。

これは tak さんの以前のベロフバージョンの制作記事見てて、このあたりがタイト過ぎて配線なんかがしにくい、って書かれてたのを見つけたため。

切り離しておいて後から接着すると楽なんじゃないかな。

sl012029.jpg

オイルタンク以降のパーツはギアボックスのパーツに接着しちゃいます。


sl012030.jpg

ついでに気になっていたリアブレーキディスクの冷却風取入れ口をちょこっと開口してみたり。


sl012031.jpg

主要パーツは大体そろったのでそろそろ車高を決めたい。

みなさん車高決めるスペーサーってどうしてますか?
私は旋盤なんて便利道具は持ってないので、アルミパイプを切り出してスペーサーにしてます。
糸のこで大雑把に切ってから棒やすりで切断面を整えるだけ。

sl012032.jpg

最初、「エイヤ」で決めてみた 1.2mm 高のスペーサーで様子をみてみた。

実車換算だと 5cm 位?ベッタベタな感じでかっこいいんですけど、これだとホイールが全然入らない、入れるためには前後のサスアームが怒り肩よろしくあがってしまう。


sl012033.jpg

というわけで 1.5mm 高のスペーサーを切り出してみたところ、これならどうやらなんとかなりそうなのでこれで行くことにします。

posted by ワタナベ at 14:11| 北京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | Tyrrell012(SilverLine) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん、日本のラーメンの固定概念が強いのか、なんか別物に見えちゃう(^^;
どんだけ辛いんだろ?麺は細目なのね。

車高調整。今はちょうど良さげなプラ板を切り出して穴アケして挟んでます。
いずれは色んな厚みのワッシャーをホムセンで集めて使えればと考え中。
Posted by 新米パパ at 2015年06月23日 18:55
麺が黄色っぽいのは多少でも繋ぎにタマゴ入ってるんですかね。無錫(上海)辺りでは白っぽいのばかりで見た記憶ないです。

スペーサーは製作中はプラ板の積層で調整したもの使います。受ける面積を大きく取れるので安定します。
完成後はアルミパイプをカットしたものかワッシャを使いますが、アルミパイプの場合はルーターで長さ調整と軽くポリッシュします。
Posted by Ohtoro at 2015年06月23日 19:56
新米パパさん、

日本のラーメンの概念を持ったまま食べるとがっかりします。別物と考えて食べると「これはこれでうまい」ってなります。こっちでも日本のは「日本式拉麺」と区別して呼んでますし。これの辛さは普通の日本人なら食えないレベル w

プラ板派ですか。切り出したあとのコバ取り、接着、穴開けって手順を考えるとめんどくさくて www


Ohtoro さん、

黄色いのは「石咸 麺」(最初の字はふたつでひとつと考えてください)といわれる麺で、炭酸ナトリウムを練り込んだアルカリ麺らしいです。炭酸ナトリウムを入れて発酵させるとあんな色になるらしいです。

Ohtoro さんもプラ板で作業用スペーサーを作るのですね。私ゃ作業時のと完成後ので同じものを使わないと高さが変わっちゃうことがあるので共用しちゃいます。基本的に下手糞なんすな。
Posted by ワタナベ at 2015年06月24日 10:20
本場中国の料理を紹介して下さってありがとうございます!
とても旨そうに見えますが、絶対に辛いというのも分かりますね。
次は是非「香味炒め」の紹介もお願いします!
Posted by 知也 at 2015年06月25日 09:40
知也さん、

これ、実際うまいです。まぁ、「辛いモノ大丈夫な人限定で」ってただし書き付きますけどね。単なる辛いとはちょっと違う感じ。

「香味炒め」って具体的になんなんだろ、と探したところ、www.ajinomoto.co.jp/cookdo/lineup/awase_010.html まずはこのページでどうやら「花椒油」を指すのかなと推測。
四川料理だと大体この花椒使うので、具体的な料理名がわからないとドンピシャなのはわかんないすねぇ・・・。
ちなみにこの油の作り方は www.meishij.net/zuofa/zizhihuajiaoyou.html まんまっすわ w
Posted by ワタナベ at 2015年06月25日 11:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック