2016年01月11日

リビルド

あけ(ry

いやーなんだかんだでもう年明けて1週間以上経ってしまいましたので挨拶も略ってことで。

とはいいつつ新年最初の投稿なのでそれっぽいことを少しは書いてみましょう。まずは今年の目標、というか希望というか、出来たらいいなというか、無理だろうと思いつつ

2016年は大分と島根に行きたいです。

全然目処も立たないんですけどね。なんとなく念頭においておきたい。もっと具体的に言うと「中津市と安来市に行きたい」です。ものすごピンポイントな ww

まー大体何が目的かはすぐわかりますよねー。あ、中津で思い出したんですがスターウォーズの最新作、知り合いのブログでも観に行った報告多いわけですが、ここで意味もなくカミングアウトしますと

ワタクシ、これまで全シリーズ一つとして劇場で観たことがありません。

嫌いじゃないですよ、むしろ好きです。でもねー、なぜか劇場で観たことないんですよねー。多分今後も観に行かない(行けない)気がします。
さて、お気づきの方もいるかとは思いますが、また新しいカテゴリ立てました。

年末に一時帰国して滞在中オフやったあの日、色々なところを回ってその途中メイクアップで購入したウラッコ。後の予定が押してたせいもあって中身を確認せずに買ったら完成品だったというアレです。あれをなぜかいじりだしてしまいました。なんかお手つきばっかり増やしてますな、最近。

Urraco001.jpg

完成品で出来上がってるのになんでまたリビルドしようと思い立ったのか、ちょっくら理由を紹介しましょう。一見そこそこいい感じに見えたんですけどね、じっくり見てみるといろいろと気になる部分が見つかったのでそのままにしておくのは我慢できなくなったのです。

まずはこの塗装。ボディカラーがシルバーなので下地の処理が適当だと覿面に現れるのですが、やはり美しくない。下地の傷とかが浮かび上がってるところがいくつかあるんですわ。

Urraco002.jpg

ノーズ下のインテークのメッシュがこれデカール表現になってます。
ここは金属メッシュで置き換えたい。せめてモールド表現にでもなってたら許せたかもしれないんですけど、初アレザンなのでよくわからないんですが、アレザンてこういうメーカーなんですかね。
それとバンパー、向かって右側はボディの側端に届いてるのに反対側は全然足りてない。メッシュデカールが貼られてる部分と一体になってるパーツなんですが、これレジンの収縮とかそういう問題じゃないんじゃないかな。もともとサイズが合ってないんじゃないか、と。

原型は手彫り丸出しな感じで、それはいいんだけどちょっとお粗末な感じが否めない。

Urraco003.jpg

わかりますかねぇ、バンパー部分の黒い着色レジンの部分が傷だらけ。
これ、画像にして見やすい裏側を撮影しましたけど、表も同じ状態でヤスリの傷がスゴいです。

売り物ならもうちょっと丁寧にしてくれてもバチは当たらないと思うんですが。

Urraco004.jpg

裏っ返すとなんと値札が付いたままだったんですが、これが仰天 17,000 円て。
私が購入した金額は 1/6 位なのでまぁ許容範囲ですけど、この出来でこんな強気な値段で売ってるものなんですか普通?
私は完成品市場には詳しくないのでアレですけど、ちょっと驚く値段です。これが普通だとしたら完成品をコレクションしてる人たちって大変だなぁ、と思いましたまる

Urraco005.jpg

そしてこのフロントフェンダーを真横から見た時の感じ。
これねぇ、実車を見たことないのでよくわかりませんが、ちょっと平べった過ぎない?巷の実車画像見ても結構平たいのはその通りなのでこれで正解なのかもしれないんですが、どうも美しくないんですよ。
真っ平らだと逆に反ってるように見えかねないので、斜め後ろから見たときに貧弱な感じがします。ここは微妙に盛り上がってた方が好みです。

Urraco006.jpg

ウィンドウ後ろのルーバーね、この塗装のはみ出しもちょっと、ねぇ?
どういういきさつの完成品なのか素性がさっぱりわからないのですけど、これは気になる。アレザンてメーカー完成品売ってるんですか?だとすると中国のおばちゃんが適当に塗ったもんなんですかね。

あと、このルーバー、せっかくなのでスジを掘ってきちんとルーバー風にしたいと思います。

Urraco007.jpg

そしてこのリア。ここだけでもご飯三杯イケます。
コンビランプのグラフィックが大嘘。バンパー部分にバックランプ付いてるのにウィンカー脇にもあるってどーゆーこと?そのコンビランプのデカールもズレまくってるし。
ちょっと見づらいけどナンバープレート照明の上辺りにある Lamborghini と Urraco のロゴデカールも斜めに貼られたまんま。その照明パーツの黒塗りもはみ出してる。

エキパイのエンドが丸くない&開口が歪なのはまぁレジンキットにありがちなので許すとしてもね。

Urraco009.jpg

で、内装。ナニコレ?
とりあえずシートが4つありますっていうだけのシロモノ。まぁ、中なんて良く見えないし内装色が黒なら凝ったことしてもしょうがないってのはわかるけど、

Urraco010.jpg

これですから。巣穴もそのまんまだし、相変わらずヤスリの傷がすごい。
やっぱり素性が気になりますコレ。誰が作ったんだろ。

Urraco011.jpg

というわけで、このままではこのキット自体が可哀想なのでリビルドするわけです。
エナメルシンナーをビシャビシャつけて外せるパーツを全部外しました。フロントバンパーは折れちゃったけど、まぁ大勢には影響ないすね。

私が苦手とするウィンドウは再利用できるように傷付けないように慎重に外しました。
posted by ワタナベ at 13:29| 北京 | Comment(10) | TrackBack(0) | Lamborghini Urraco (ALEZAN) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらためまして、あけましておめでとうございます。
大分と島根。。未だに島根と鳥取の位置関係がおぼろげな私です。
さすがチャイナクオリティ、ウラッコは仕上がり云々の前に価格も驚きです。
ボンネットのルーバーは一応別パーツになってるんですね。
最初からキット組み立てるより手間暇かかるよな気もしますが、どういう風なリカバリになるのか楽しみです。
Posted by いと at 2016年01月11日 14:36
あけおめ。新年早々楽しそうな作業始めましたね。
アレザンは一度だけ作ったことあるけど、キットはまさにこんな感じですわー。まだアイドロンとか無かった時代、BBRの完成品が2諭吉超えてましたからアレザンの完成品は価格的には安いほうだったのかも。意外とおフランスで作られてたのかも知れない。
元がこれだとレストアもハードル低そうでラクですなー。とか言って圧
本音を言うとキットから作るにしても難物ですから、頑張って下さいねー!
Posted by おひつじ@tak at 2016年01月12日 01:14
明けましておめでとうございます。
と言っても中国のお正月は旧暦だからこれからですよね〜多分。

島根と鳥取ですね確かにわかり難いかも・・・(笑)
島根は西側鳥取は東側なんですが私の住んでいる安来市は島根でも一番鳥取側なので方向的にはどっちでも間違っていませんよ。

アレザンの完成品はまあこんな物です。
少し前にP5の完成品を持っていましたがまあ雰囲気ですね・・・現在の完成品と比べればオブジェみたいな物ですね。
ワタナベさんの腕でどうにかしてやって欲しいですね。
まあ今年もよろしくお願いします。
Posted by Studio_Rosso at 2016年01月12日 09:50
いとさん、

あけおめです。私は島根と鳥取の位置関係は問題ないんですけど、自分で書くとき「取鳥」と書きそうでこわいです。その点パソコンだと変換してくれるので間違いないですけど。
中国のおばちゃんの仕事かどうかはわかりませんけど、まぁそんな印象ですねコレ。キット状態から作るのに比べてやっかいなのは塗装剥がしですかね。どんな塗料使ってるかよくわからないので。


おひつじ@tak さん、

あけおめす。いや、全くご推察の通り、これがなんだか楽しいんですよ。やっぱりこれメーカー完成品だったんですかね。その割りにはケースもないし、箱もキットと同じだし、よくわからんです。
正直なところ、レストアとは言いつつリアのロゴデカールなんかはもう再製しないつもりです。好きなように遊ぶつもり。


Studio_Rosso さん、

そうですねぇ、こちらは旧正月が本番なので西暦での元旦はあまり雰囲気がないです。
アレザンのメーカー完成品ていうものが存在するのですね。出自がなんとなくでもわかって若干すっきりしました。しかし「オブジェみたい」って w
Posted by ワタナベ at 2016年01月12日 10:25
おーリペイントですねー
元がキット形式での販売があるメーカーだと、なんか二度手間な感じがしないでも無いですが、一度完成形になったものなので、パーツのスリ合わせ等の手間が省けて良いじゃないですか。
ホイールとタイヤが良い感じな気がするのですが、実際どうなんすか?キットより良いんじゃないですか?
Posted by デモドリ at 2016年01月12日 14:28
デモドリさん、

まぁ単純なリペイントでは済まない、というか済ませないつもりなのでこの先も若干時間かかると思いますけど、私にとって一番大きいのはウィンドウの擦り合わせが必要ないことですかねぇ。w
ホイールは細かい事をいいだすとキリがないですけど、概ねそれっぽくみえるので妥協できるレベル。タイヤはハイトが当時モノっぽい雰囲気なので横から見る限りはマルですね。
Posted by ワタナベ at 2016年01月12日 15:54
中津といわず、別府に遊びに行こうぜ!かもーーんww

っつー感じですが、こらまた懐かしのテイストというか、ワイルドな完成品でございますね。為夫がまだ手彫りやっとったころは、都市部でも結構なお手抜き完成品が、これまた結構なお値段で売れちゃってた時代がありましたよ。バラしてキット化したんなら楽しめるじゃないですか!!!人ごとですからテキトーに書いてます(笑

 そうそう、SWは一番最初の、まだEP4のナンバリングがされていない最初の公開時、父親が映画館に連れてってくれたのがデビューだったんですよ。で、EP5の公開時は小5だったと思うんだけど、これまた親が連れてってくれた。改めて思えば、いい親に恵まれたんだな〜と今頃気付きました。っつーわけで、この作品だけは、全作映画館で鑑賞できております。

Posted by @河童 at 2016年01月13日 00:39
@河童さん、

まー中津の名前出したのは目的の人が住んでるからってだけに他ならないわけで、福岡に到着の晩はその人を呼び出して中州に繰り出すのもアリだし。
これ達成したら次は北海道方面とか北陸方面とかにお礼参りしたいわけ。順繰りに何年かかけてやってみたい。

やっぱメーカー完成品もバブルだった頃あったよね。誌面の広告とかしか見た事なくて実際の出来とか知らんけど、こういう時代もあったって事か。

A New Hope 、父親に連れられて観に行ったって人は周りにも結構いるっすわ。自分は当時10歳だったけど、その頃劇場で映画みるなんて思いもよらなかったし、父親もそういうタイプじゃなかったからねぇ。
Posted by ワタナベ at 2016年01月13日 11:01
あらためて、あけ(ry

自分の場合、西日本で長期滞在したのって神戸に復興工事で行ったぐらいかな。九州は飛行機で日帰り出張のみの滞在数時間だけw
それこそ噂の豪華列車でゆっくり一周してみたい…。
自分もSWは映画館で観たことないっす。親父が映画好きで子供の頃よく一緒に洋画に連れてってくれたけどSWは無かったな…記憶にあるのは「キャノンボール」「オルカ」「カプリコンワン」とか。

それにしてもコレが17000円って驚き。まあオクでたまに見かける数十万の値が付いてる完成品に比べればカワイイもんかとw
コレが結果どうなるか楽しみにしてます。
Posted by 新米パパ at 2016年01月13日 11:45
新米パパさん、

私は独身時代に当時の彼女とフェリーで北九州まで行って、福岡・長崎・熊本・宮崎を自分の車でまわったくらいです。大分は通過しただけ w
やっぱ親が連れて行ってくれたってのは多いんだなぁ。うちは経済的余裕もそんなになかったしなぁ。

オクで見かける高額完成品はいわゆるハンドメイドものでしょう。比べちゃいけない。
Posted by ワタナベ at 2016年01月13日 12:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック