2016年04月07日

サスペンド

もう四月に入って1週間が経過。

もう一般的にはスキーシーズンは終わってしまったわけですが、





最近公開されたこの動画。ツッコミどころ多すぎてアレなんですけど、この4連フォグランプはかっこいいすなぁ。

Urraco055.jpg

前回塗膜の傷みが発覚したわけですが、とりあえず右の側面でエッジの利いた部分なのでそのパネル部分だけ削って再塗装って形で修正することにして、窓なんかを貼り始めました。

エポキシで一箇所ずつ固定していくので毎日ちょっとずつ。


Urraco056.jpg

なんですが、ここも新たに傷ができてしまいました・・・

ホントこれ何が原因なんだろ。やっぱり塗料のせいだとは思えないんですよねぇ・・・。
思い入れのそんなにない車種だからこのまま無視して形にして終わらせるか、全部剥ぎ取って下地からやり直すか、しばらく考えることにします。

ってなわけで、ウラッコは一時中断します。
posted by ワタナベ at 16:19| 北京 | Comment(6) | TrackBack(0) | Lamborghini Urraco (ALEZAN) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おでこは何処かにぶつけたような跡ですね。
オフ会で完成一歩手前を拝見できるかと思ったのですが。。
ebayでキット出てますよww
Posted by Ohtoro at 2016年04月11日 10:22
Ohtoro さん、

うーん、実物見るとわかるんですが、このルーフのと右サイドの傷はほとんど同じような付き方してるんですよねぇ・・・

ebay でキット出てても買いません。w

元々「ものすごく好き」で買ったわけではないし、ここまでやってきてこのモデルの良くない部分もわかってしまったので、まっさらのキットからやり直す気はないですねぇ。
Posted by ワタナベ at 2016年04月11日 11:28
オフ会に間に合いそうだったのでが、
うーん、なんだったのでしょう。
塗料かシンナーに混ざった不純物?ブラシ側でしょうか?
私のWRC MINIと同じで、レジンのシミ上がりだったりして、、
Posted by demobird at 2016年04月11日 12:00
demobird さん、

オフ会には完成までは間に合わなかったでしょうね。順調に進んだとしてもフロント下部のメッシュが多分間に合わなかったと思います。

今のところ何が原因なのかわからないですけど、今後の方針としては塗装を落としてフィニッシャーズの塗料でやり直すつもり。それとサイドウィンドウもこの際なので流用ではなく新規に絞ってみようか、と。

ちょっと新しい型の作り方を思いついたので試してみたい。
Posted by ワタナベ at 2016年04月11日 12:18
うーむ、今更ですがタミヤの塗料らしい気泡荒れ見えるんですが違うんですかね。タミヤの缶ペで大昔に何度か食らってんですが、塗膜の中に気泡が閉じ込められて磨くとコンニチハするんよね原因はよく知らんけど、私がタミヤの塗料使わない理由の一つ。
 もしくは素材の気泡を埋めてたのが塗装によってダメになったとかかな?
Posted by 河童METAL at 2016年04月11日 14:57
河童メタル、

Ohtoro さんに続いてタミヤの塗料が悪さしてる説を支持しますか。あ、そういえば今回この塗料、ものすごく久々に開けたら御臨終してたのをクレオスの真・溶媒液で復活させてたんだよねぇ。

真・溶媒液の説明の中に Mr.Color 以外には使うなみたいな事が書いてあるけど、それをシカトしたのがまずかったのかも。

フロントフード部分をパテ盛りやらで修正してるのでシンナー風呂ではない方法で塗装を落とすので再開までちょっと時間かかりそう。
Posted by ペキモメタル at 2016年04月11日 15:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436333055

この記事へのトラックバック