2017年08月02日

凹む

こないだたまたま知ったんですが、NHK で LIFE! っていうコント番組があったんですね。

つべで見かけて、それからヒマが出来たら観てます。むかーしサラリーマン NEO とかいう番組もあったけど、NHK のこの手の番組ってなかなかどうして結構おもしろいなぁと思うわけです。

お笑いとかだと民放の方が手馴れてると思いがちですけど、私は NHK のこういう番組割りと好きですねぇ。

という前フリは本編と全く関係なく、

db3s046.jpg

小物ばかり作ってるのに飽きたのでボディにサフ吹いてみました。

これねぇ、表面はあまり綺麗じゃないうえに意外と研ぎ出ししにくそうな形状してるので、塗装後は難儀しそうです。


db3s048.JPG

フロントスクリーンはリベット留めになっていて非常に目立つので、それを再現するべくまずはディバイダで目印をつけていく作業を




db3s049.JPG

してたら欠けちゃったですよ・・・

これ、本来ならスクリーン基部を金属板から作り直したりするんでしょうねぇ。何しろ薄いですから。


db3s050.jpg

というわけでパテで再生はしたんですが、またポロったりしたらヤだなぁ・・・

posted by ワタナベ at 13:24| 北京 | Comment(9) | Aston Martin DB3S LeMan 58 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
LIFE!はウッチャンが昔からやってきたドラマ形式のコントが見れるのが嬉しいです。ああいうコント、今の民放ではほぼ全滅ですもんね。
ルネサンスのキットとかだとフロントガラス基部のリベット部分はエッチングだったですけどね
それを透明パーツに密着させるように這わせるのが至難の業だったりして挫折した経験があります
レジン一体式のが楽ですけどね、欠けたら凹みますな
私ならカケラを集めて瞬着で直しちゃうかな。
Posted by おひつじ@tak at 2017年08月03日 01:12
わたしのアストンはドライバーの所だけの小さいスクリーンなんですよ。
リベットスルーするつもりだったけどねぇ〜
開けますか!(笑)
Posted by こいで at 2017年08月03日 07:04
おひつじ@tak さん、

私は今や日本のテレビの状況は全くわかりませんけど、あーゆーコントは好きです。「夢で逢えたら」とか「笑う犬の冒険」とか、あ、単にウッチャンが好きなのか www
欠けちゃったあと「こういうところは金属板から叩き出さないとダメかなぁ」と一瞬考えましたけど、踏みとどまりました。欠片はどっかに行っちゃったので・・・


こいでさん、

あのリベットはスルーしても多分誰も文句は言わないと思います。小さいドライバー側だけのスクリーンなら私のように欠けたりしないと思います。
サイドの部分はかなり薄いので欠けちゃったんです。フロント部分はそこまで繊細じゃないので大丈夫でしょう。
Posted by ワタナベ at 2017年08月03日 09:48
パテのポロリは怖いので、ワタシはペーパーで馴らしたあと瞬着をひと塗りします。効果があるかは疑問なのでおまじないです。
この形状なら真鍮で立ち上がりと天面貼り合わせでシャープさを求めても良いかもしれませんねー
Posted by Ohtoro at 2017年08月03日 10:39
Ohtoro さん、

真鍮・・・やらないよっ!やらないよったらやらないよっ!(やるかも
Posted by ワタナベ at 2017年08月03日 12:02
サフ吹いた姿が良いですねぇ
プロバンス万歳です。
Posted by デモドリ at 2017年08月03日 12:17
デモドリさん、

そうなんすよねぇ、プロバンスは安定してかっこいいです。変にルーフ低くしたりしないし(これにはルーフないけど)。
Posted by ワタナベ at 2017年08月03日 12:28
いや!スルーしたら北京方からねぇ!
でも失敗したらパテで埋めちゃいますけど!(笑)
Posted by こいで at 2017年08月03日 12:32
こいでさん、

本音で言うと私はやってから若干後悔してます ww
Posted by ワタナベ at 2017年08月03日 13:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]