2018年04月25日

メッシュとドア

ここのところマジメにこの 935/78 の資料写真とか集めたり眺めたりしてるんですが、色々とよくわからない部分があります。

どうも左リアフェンダー上に NACA ダクトがあるようなんですが、キットにはない。

リアのテールランプ周りはキットの塗装指示だと黒だけど、現在ある画像見ると白。


レースによってモディファイされてるから現存するのが正しいかどうかはわからない。キットはシルバーストン6時間耐久とル・マン24時間耐久の両方のデカールが付いてるけど、もしかしてどっちかのレースでは NACA ダクトがあったりするんですかね。

誰かご存知?

93578018.jpg

結局枠自体は 0.4mm の線では貧弱に見えたので 0.6mm でやりなおしました。



93578019.jpg

使ったのは丸線ですからそのままというわけにはいかず、ペーパーでしこしこと表から裏から削って平板にしてます。

最初から平板使うのも手ですけど、うまく切り抜く自信がないのでね・・・



93578020.jpg

そしてメッシュの上に当てて外側を半田付け。

メッシュはどれにしようか悩んだ挙句、GT で買ったエッチングメッシュは使わず手持ちにあった #100 のステンレスメッシュにしました。
ていうか、前回検討してたときこのメッシュのことを忘れてたんですよねー


93578021.jpg

余分なメッシュを切り落として、切断面をペーパーで整形。

多分これでいけると思います。(こういうのが後々響いたりするのかな・・・)


93578022.jpg

で、次。

古いキットだから抜きの関係でドアが途中で途切れています。今だったらスライド金型とかで奥の方まで伸びてるか、外側のフェンダーから延びてくる部分を別パーツ化するでしょうね。何しろモータライズで走らせること前提だから、強度面の要求からボディはできるだけ一体で抜きたかったのでしょう。


93578023.jpg

で、ドアの足りない部分を作ろうかと思ったのですがちょっとだけ一手間。

カウル断面が分厚すぎるのでエッジが薄くなるように削りました。


93578024.jpg

表側からマスキングテープを貼っておいてガイドにしつつ、適当なサイズに切り出したプラ板をこれまた適当に曲げて固定。
裏側からは強度が欲しいのでプラリペアで固着させました・


93578025.jpg

サイドステップもきちんと延長してまずは土台ができました。



93578026.jpg

で、今朝の出勤前に境目にポリパテを盛りたくっておきました。
posted by ワタナベ at 13:26| 北京 | Comment(9) | Porsche 935/78 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど。憶えておこう。
ポル模祭りを思い出します。あんときはフェンダーからサイドやら全部プラ板とポリパテで全部作り直したんだよな〜。最近はそこまで気合が入らんです(-.-;

先日は参加出来ず申し訳ないっす。
Posted by 新米パパ at 2018年04月25日 16:22
新米パパさん、

古いキットだけに色々とエラーがありますね。ただ、気にしないで作るならタミヤだけあってすぐに組める。ライト・ユーザーにもヘヴィー・ユーザーにもありがたいキットだと思います。

先日は会えずに残念でした。次回チャンスがあれば会いましょう。
Posted by ワタナベ at 2018年04月25日 17:17
迫力ある=正面からあおり気味ばかりでNACAダクトがわかる画像は見当たらないですねぇ

優勝したルマンで作るなら面白い画像を見つけたので貼っておきます。
https://www.motorsport.com/lemans/photo/main-gallery/43-porsche-935-2/
Posted by Ohtoro at 2018年04月25日 17:51
Ohtoro さん、

左のリアだけみたいなんですよ。紹介してくれたリンクも右側からの画像だから見えない。

ていうかそんな補助灯作らないぞ、作らないんだからっ!
Posted by ワタナベ at 2018年04月25日 18:32
NACAダクト、シルバーストーン、ルマンどちらも無いみたいですよ
http://www.racingsportscars.com/suffix/photo/Porsche/935/__78.html

リアエンドは奥まってて暗くて見えないので黒く塗っちゃえ
Posted by おひつじ@tak at 2018年04月26日 02:39
あるけど、博物館の画像だから
信じて良いやら悪いやら
http://yaplog.jp/tameo43rd/archive/4068
Posted by 偽者 at 2018年04月26日 07:00
おひつじ@tak さん、

ありがとうございます。これ当時画像だから信頼できますね。リアエンドは多分黒で正解ですわ。
「白だけど光の具合で」っていうならこんなに真っ黒には見えない気がします。


偽者さん、

博物館のは最終的な仕様のまんまが多いですよね。レストアして戻しをしない限り。NACA ダクトは多分なかったんだと思います。シルバーストンもル・マンもデビュー戦、第2戦だから余計な細工がなかったと考える方が自然かと。

キット自体は簡略化された部分もあるけど、タミヤはきちんと考証して製品化してるはずなので組み説を信じるほうが得策っぽいですね。
Posted by ワタナベ at 2018年04月26日 10:19
お久しぶりです。

モビ―ディック、良いですね。
自分も隠し持っているモビ―ディックやその他の935を作りたくなってきました。

お尋ねの件ですが

@ルマンの写真を見ると、ダクトはあるようです。
Aテールの奥に見える、911のお尻の部分、私もずっと黒が正しいのかと思っていましたが、この78年ルマンのものでは、白い塗装がススで汚れて真っ黒になっているように見えるものもありました。

下記リンクをご参照ください。

http://lemans.sqwib.org/voiture.php?annee=1978&numero=43
Posted by せぶりんぐ at 2018年04月29日 10:52
せぶりんぐさん、

どうもありがとうございます。
うーん、この資料写真みたらもうあれこれ言えなくなりました ww

NACA ダクト、テールの色以外にも新たな発見がありました。重ね重ねありがとうございます。この発見は後々披露します。
Posted by ワタナベ at 2018年05月02日 10:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]