2018年05月02日

リアまわり

前回緩募した、NACA ダクトとテールの色はせぶりんぐさんの情報提供により一段落。ありがとうございました。

さぁ、これでもう迷いはないぜ!


実はもう一箇所、片付いたと思ってた部分が間違いだと判明するオマケつき。
例のダクトの存在を云々していた製作ブログで「チンスポの形状が違う」っていう話があったのですよ。で、そちらの方はキットのチンスポを削り飛ばして作り直してたわけです。いわく、

img_0.jpg

(よそ様のブログから拝借しましたすみません)
この赤丸で括った部分、実車はホイールアーチまで延びてるのでキットは間違いである、と。

それを見て実車画像を見てみたら

spa-180030.jpg

「おー。なるほど確かに!」と納得して、改造ポイントとして記憶しておく事にしたんですが、ふと箱画を見ると


41280.jpg

段差がある。ホイールアーチまでチンスポは届いてないっぽい。

「いやまぁ、画だしなぁ」とも思ってんですが、


Porsche_Moby_Dick_935-78-001.jpg

「むぅ。どうなっとんじゃ?」と迷ってたところ、こないだのせぶりんぐさんの紹介してくれたリンク先の画像で真相判明。


あれね、うっすーいフィンみたいなのがホイールアーチまで繋がってて、更にその下にちょっと厚めのチンスポが付いてるんですわ。

いずれにしてもキットのままではダメなので工作が必要ですけど、すっきりしてよかったです。

で、続き。

こちら中国も連休だったのでさぞや進んだかというと実は全然。昼間は子供の面倒見たりして、夜はぐったり。 ww
ちょっとしか進んでません。

93578027.jpg

延長したドアの継ぎ目にパテを盛ったんでしたね。

そこのスムージングを「さて、どうしたもんか」と考えたんですが、スポンジペーパーの青で均しました。スポンジペーパーの厚みが隙間より若干厚かったので適度な圧がかかってちょうどよかったです。


93578028.jpg

そして色がわかったので取り掛かることにしたテール。

延長したカウルの内側にもともとの 911 のテールが入ってるというデザイン。


93578029.jpg

なんですが、下側に巻き込むようにカウルが伸びてます。キットでは別パーツになっていて、塗装が終わった後に接着すると継ぎ目が目立つ。

かといって全部接着してからでは塗装が上手くできそうもない。なので、内側のテールパーツを後ハメできるようにしないとイカンわけです。



93578030.jpg

この赤丸で囲ったダボが3箇所ありますけど、位置決めのために存在しているこのダボのせいで後ハメができない、と思われ。

ま、その手前にもシャーシ連結用のピンが立ってて邪魔ではあるんですがね。


93578031.jpg

というわけでまずはこのダボを削り取ってしまいました。

下側のパーツを接着して出し入れできるかどうか・・・
posted by ワタナベ at 14:07| 北京 | Comment(0) | Porsche 935/78 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]