2018年08月10日

メーターパネル

暑中お見舞い申し上げます。

こちらも暑いです。

先週の中ごろから来週の火曜日まで土日も休まず夏期講習があり、その送り迎えを可能な限り実施しておりまして。
どーーーーーーしても外せない会議がある、とかそういう日(ま、今のところ1日だけですがね)だけ家人に任せて、それ以外は朝の八時半から始まるクラスに送っていき、家に戻って自宅で仕事。十一時にクラスが終わるのでそれに間に合うように迎えに行きつれて帰ってくる、というのを繰り返しています。

地下鉄で6駅くらい(かな?)離れたところまで行くので片道30分くらいですかねぇ。自分が息子と同じ歳くらいの頃はその程度なら一人で通ってたでしょうけども、まぁ時代も国も違うので従うわけです。


ま、こういうところで点数稼いでおくと、堂々と「夜飲み行くから子どもの面倒見といてや」と言えるので従うのです。

あと4日間、送り迎えが続きます。
前回メーターパネルがアップになったら、「タコメーター振り切れてる」てな指摘がありましたね。




93578097.jpg

そのせいというわけではないのですが、メーターのモールドは全部削り取りました。

いえね、そもそもメーターの目盛り・針がモールド表現なのはちょっとどうかなぁ、とは思っていて、使えそうなデカールがあればデカールにしちゃいたいなぁと思ってました。
で、デカールを漁ってみたら目処がつきそうなだったので削ったわけです。ところが今度は削った後がガサガサでどうやって綺麗にしようか、何日も考えてたんですわ。だってデカール貼るわけだから、平面が綺麗でないとデカールも凸凹しますよね。


93578099.jpg

何日も考えた末に「あ、穴開けて塞げばいいんじゃん」と気が付きました。

昔だったら何日も考えなくてもすぐに思いついたでしょうに、最近は頭が硬くなってるのか、それとも製作頻度が低くなって勘が鈍ってしまったのか、ま、いずれにしてもこんな所で躓いたりしちゃうんですなぁ。


93578101.jpg


穴あけただけだとプラが厚すぎてメーター底面がかなり奥まった状態になってしまうので、裏から穴の周辺を削って薄くしてからプラ板を充てました。

まーここまで凝っても完成後はよく見えない気がしないでもないけどね。


93578102.jpg


あとですね、5mm 径のプラ丸棒から消化剤ボンベ作っておきました。
これは捻りもなにもなく、切り出して前後にテーパーつけただけ。

実車資料では助手席前側に二つ縦置きになってたので、まぁこんな感じ。実際に塗装して取り付けるときには固定金具を作ります。

posted by ワタナベ at 17:49| 北京 | Comment(0) | Porsche 935/78 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]