2020年07月20日

追い込み

先週末は結構模型いじる時間長かったですねぇ。結構進みました。

ミスも多いけど。orz
DSC_1612.JPG

リアにはメッシュが入ります。

この奥にはラジエターファンのモールドがされたエッチングのパーツが入ってます。角度によってはちらり見える構成。

ところがねぇ、メッシュのパーツ、糊しろがないし、接着する位置決めもよくわからなくて、隙間ができそうだったり接着が汚かったり。


DSC_1630.JPG

ヘッドライトカバーも取り付けてみたけど、汚い・・・




DSC_1631.JPG

キットパーツは黒枠が印刷されてるんですけど、切り抜かれてるラインとこの印刷がズレてて、うまく隠れないんですよ。


そもそもサイズもちょっと合ってないっていう。本来なら透明な塩ビ板とかから切り出して自分で作ればいいのでしょうけど、年末年始の早作りチャレンジがコンセプトなのでこれをどうにかします。


DSC_1654.JPG


マスクして裏から黒を塗るのです。

年末年始の早作りチャレンジがコンセプトなのでささっとマスクしてささっと塗る。


DSC_1655.JPG


サイドウィンドウです。

一枚っぺらの板です。しかも台紙に貼り付いてる糊がおそろしく強力で、気温のせいかベットベト。いちいちエナメル溶剤で拭き取ります。

平たい板なのにボディ側は微妙にねじれているので強制的に貼り付けないといけません。


DSC_1661.JPG

が!糊代がほとんどないのにそんなことできるわけないので、仕方ありません、上側だけで接着して下側はシカトします。


DSC_1662.JPG

更に枠を接着。




DSC_1663.JPG

やっぱりなんとなく浮いてるように見えますが、そんなことはなかったことにして進めます。

枠の塗装も一部剥げていますが、そんなことはなかっ(略



DSC_1665.JPG


フロントウィンドウもまた厄介です。

片側の接着をして固着したら


DSC_1676.JPG

反対側も接着する。




DSC_1685.JPG

いつも通り汚い仕上がり。


ハセガワのセラミックコートでも塗って誤魔化します。

DSC_1694.JPG


テールランプはデカール表現。このあと上からバキュームのカバーがつくのでこのままデカールで行きます。


DSC_1696.JPG

テールランプの下には反射板があるのですが、キットではシカトされているのでエバグリの細切りプラに赤く着色してそれっぽく追加しておきます。



DSC_1699.JPG

カバーはエナメルのクリアを薄く溶いたものを接着剤代わりにしてみます。



なぜか取り付けた後の画像を取り忘れました。



DSC_1724.JPG

これにて完成としてしまいます。

えぇしてしまうのです。あ、枠のところはタッチアップしておきました。
posted by ワタナベ at 18:43| 北京 | Comment(4) | Murcielago R-GT (MR Collection) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完成乙!
マットなボディーとガラスのコントラストが素敵です
既視感のある画像や文章に記憶のラビリンスに迷い込みますがw
フロントガラスもですが、サイド窓も平面で表現するというのがしょせん無理ですよね
プロの完成品ですらこの違和感は消しきれてませんからあまり気にせず終わらせて、次に進むのが健全です
ランボの市販車はゴージャスなだけにキレイに仕上げたくなりますよね、私も童友社のランボで苦労しまくって報われなかったの思い出しますわ
もう一回作ったら問題点把握してるからスマートな完成になるんじゃないかと妄想してますが
そんなうまく行かないんだろうなあ

Posted by おひつじ@tak at 2020年07月24日 00:05
おひつじ@tak さん、

私の場合これは早づくりがテーマだったのでウィンドウ周りは完全に作り直せばもう少しマシにはなっただろうと思いつつ、キットパーツで行きました。
同じ無理窓の 155 の方はマシになると思います(思いたい)
Posted by ワタナベ at 2020年07月24日 15:16
ありゃ!いつのかにか完成ですねぇ!
BBR方式の窓枠、一度で良いから完璧に貼ってみたいものです!
Posted by こいで at 2020年07月26日 07:28
こいでさん、

すみません淡泊に終わらせました w
155 の方はもうちょっとマシな接着にします。っていうかあっちは切り取られてない単なるデカい板から自分で切り出すので、隙間も減らせると思います。
Posted by ワタナベ at 2020年07月27日 12:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]