2021年06月07日

再塗装

ひえぇぇ、びっくりするほどお久しぶりです。


前回記事がちょうど一か月前ですね。944 カテゴリだと二か月半弱ぶりってところでしょうか。

さすがに生活環境とサイクルが変わって、平日は模型一式何もない所に居ていじれるのは日曜日だけという環境になるとまぁ進まない事この上ないですな。
ツイッター見てると大分のおいちゃんがここのところ毎日いじっててちょうど自分と正反対なサイクルに入ったようです。

944102.JPG
944103.JPG

で、その 944 はですね、塗装全剥離のもとになったフロントフードの歪み修正、チリ合わせを入念にして


944104.JPG
944105.JPG


まーこんな感じです。

ボディカラーおよびクリアー塗り終わったあとにフードの右前端が浮いてるのを発見して、それをお湯で矯正しようとしたら塗装がまだらになってしまったんですよねぇ。もうあの悲劇から半年ですよ半年。


944106.JPG

結構削り倒してます。

おかしいよなぁ、前回も塗装前にここは修正したはずだったんですけどねぇ。今度こそこのまま進めたいです。



944107.JPG

ボディカラーは前回シルバー系だったので、今回も同じにするか、ガラッと変えるか迷ったままとりあえず黒サフ吹いて中研ぎ。

これでもう白・赤・黄色の目はなくなりました。




944108.JPG

迷った挙句結局シルバーに。

ただですねぇ、前回はシルバーリーフ(タミヤ)にゴールド(クレオス)を混ぜたわけですけど、この別メーカー同士の組み合わせだったせいなのかなんなのか分からないですけど、妙に粉っぽいというか粒子が目立つというか。顔料の粒子というわけではなく、変にザラザラした感じだったんですよ。

なので今回はクレオスのシルバーに同じくクレオスのゴールドを混ぜて塗ってみました。画像は補正がかかってるので単なるシルバーっぽく見えますけど、実物は微妙に変なシルバーです。色味としては前回の方が狙った感じに近かったんですが、まぁこのままいきます。
posted by ワタナベ at 10:01| 北京 | Comment(2) | Porsche944 (Hasegawa) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもお久しぶりです
タミヤの缶とクレオスの混合はダメなんじゃなかったかな
自分も一度混ぜたら凝固物が出来てパーになったのでそれ以来混ぜるの止めてます
色によっても違うみたいですけど・・・
タミヤのビン入りラッカーはクレオスと混色OKらしいです、全てかどうか分かりませんが。

黒サフが黒に見えず、シルバーも単なるシルバーに見えません、チタンゴールドみたいに見えます
画像の色の見え方も先入観やら周りの色で違って見えますね
Posted by おひつじ@tak at 2021年06月07日 10:29
おひつじ@tak さん、

お久しぶりでした。
やはりあの組み合わせは混ぜるとよろしくなかったのですね。色味としてはあれは結構よかったんですがね。

黒サフ状態のは研いであってそれを強調するような光の当たり具合の中で撮ったので、黒に見えないかもしれません。シルバーもチタンゴールド風に見えるのであればゴールドを混ぜた効果が出ているのでそれはそれでオーライです。
Posted by ワタナベ at 2021年06月07日 11:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]