2007年11月21日

開始

今日のニュース。

「偽物は中国文化だ」!?バスの料金箱から、ニセ札がザックザク!―四川省


爆笑。というか、さもありなん。


こういう記事を載せると奥さんから「またそういう中国に対してネガティブなことを書いてるぅ」と文句を言われるのは必至なんですが、


でも、こういうネタの方がおもろいんだもん。


プロターの126C2が終わったばかりですけど、新しいものに取り掛かりました。

それは


miura001.jpg

ハセガワのミウラSV。

私のこれまでのプラキットのパターンというと、ほとんどが古い絶版モノだったり、比較的新しくても外プラだったりしたんですが、こいつは国産の比較的新しいキット。

まぁ、絶版モノが多くなってしまうのは単に車種の好みの問題なんですよね。でも、こいつはそもそもヒストリックカーシリーズってことで、車種自体がスーパーカー世代向けなんですな。

今回これを選んだのには理由がありましてね。

先日入手したパール粉を使ってみたくなりまして、パール粉使ってもおかしくないものでストックしてあるものっていうとやっぱ、ランボ。

いや、もちろん現役時に実車にパールカラーがラインナップされてたかどうかは知らないですけど、なんか似合いそうじゃないですか。


miura002.jpg

まずは御約束の仮り組みから。

シャシーパーツと足回りパーツをモデラーズのマスキングゾルで仮固定してタイヤを履かせてみました。

かっこいいすね。ノーマルのままでもタイヤの上端がホイールアーチに少し隠れる位の高さで雰囲気はよろしい。

ミウラって真横からのショットが一番かっこいいと思う。

miura003.jpg

このキットの足回りの構成は、ブレーキパーツにポリキャップを仕込んで、ホイールをはめ込む形式です。で、ホイールをきっちり奥まで差しこんでしまうとフェンダーとタイヤの間に若干隙間ができます。

実車的にはそれが正しいのかもしれないのですが、私は奥まで差しこまずに画像にあるようにフェンダーのホイールアーチぎりぎりまで外側に出そうと思ってます。

どうせポリキャップだから調整は簡単。

ちなみにこの角度、斜め後ろからのショットが2番目にかっこいいと思う。

miura004.jpg

フロントの方も同様にギリギリまで外側にセットしようかな、と。

一応これでもステアしますよ。

ちょっと気になったのはホイールアーチにあるフレア部分。イメージ的にはもうすこし大きく張り出しててもいいんじゃないかと思ったんですけど、実車写真を確認すると確かにそれほど大ぶりではない。

ところが、ボンネット上にあるフィンのついたエアアウトレット部分、取り囲むようになんちゅーの?盛り上がってるじゃないですか、これが実車よりも大袈裟に再現されている。めんどくさいからスルーしますけど、なんだか再現するスケール感というかデフォルメというか、そういうのがどっちつかずな気が・・・。

miura005.jpg

ところでですね、今回はその繊細なフィン類をスタジオ27製のグレードアップパーツを使って再現するつもり。

これはイオタ(SVR)用のパーツも含まれているので中々お徳。とはいっても供用部分があるから完全ではないですけどね。

今まで使ったことのあるスタジオ製のエッチングは割りと厚みがあって硬いものばかりだったのですが、これは薄くてペラペラした感じ。


miura006.jpg

製作にあたっては Car Modeling Magazine Vol.12 を参考にして進めていきます。

というわけで、まずはドア下のパネルを切り離し。ここは曲率が高く、最後にボディとシャシーを合体させるときにかなり冷や汗をかくということなので切り離してしまいました。

どっちにしてもこのパネル部分はボディーとは色が異なる部分なので、塗り別けするにも有利ですしね。
posted by ワタナベ at 13:22| 北京 | Comment(18) | TrackBack(0) | Lamborghini Miura P400SV (Hasegawa) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、いいなー、このキット素直に格好良いミウラが出来ますよね。
イオタまで出てきて、この勢いのままカウンタックとかボーラとかBBとか
バッコンバッコンリリースしてくれるかと期待してましたが、市場の自動車模型衰退の流れには
長谷さんも逆らえなかったようで・・・・(泣
Posted by @河童 at 2007年11月21日 20:55
お、またまたよだれもののマシンを・・・
ミウラって言えば赤が一般的でしょうが、私的には黄色がイメージなんですな。小さい頃にイベントでやって来たのがそうだったからでしょうかね。
一体どんな色にするので?それはお楽しみね。
パール粉、R34で使おうと私も密かに画策しております・・・笑
Posted by エル at 2007年11月22日 07:09
プチパール祭り?w
私はまだ作り始めてないんですがZをパールで塗装します。
でも確かにこの車はパールが似合いそうです。フェラーリだとそうでもないんですが、何故かランボは似合う気がしますね。そう言えば私も昔ムルシエラゴをパールで塗装しましたっけ。

キット+エッチングというのは私が大好きな構成ですんで、今後楽しませて貰えそうです。作ってるの見るだけでもう満足w
Posted by feyd at 2007年11月22日 09:37
おっ、ミウラ!飛鳥車だ!
綺麗なボディラインですよね〜。
エルさんと同じで自分もミウラは黄色のイメージです、そんでイオタが赤。
実はランボの中ではイオタが一番好き。
27からそんなパーツが出てるとは知らなかったです。
Posted by 新米パパ at 2007年11月22日 09:47
@河童さん、
いいなーって言われても。あんさんも積んであるんでしょ?
ボーラはともかくBBはそれなりに需要があったはずなので、問題だったのは版権関係すかね。でも、ボーラ/メラクとかでたらそれこそ狂喜するわな。

ちなみにあのヒストリックカーシリーズってのは240ZGを最後にうち止めなんすかね。

Posted by ワタナベ at 2007年11月22日 13:11
エルさん、
ミウラって一般的には赤なんですか?私もどっちかっていうと黄色ですけどね。でも、画像を漁るともう出るわ出るわいろんなカラーが。
これこそランボっすな。イタリアン・エキゾチック・カーだからといって赤に染まらないというところが。

今回のカラーはですな、まだな・い・しょ。(ぷ

Posted by ワタナベ at 2007年11月22日 13:16
feyd さん、
プチパール祭りて。ま、確かにお馴染みさんがこぞって今パールづいているのは確かすな。
ムルシの制作記ってブログに載ってますっけ?あとで確認しにいこう。参考になるやもしれん。

エッチングね、実はちょっと開始してるんですけど、大変すわ。
後日アップします。

Posted by ワタナベ at 2007年11月22日 13:19
新米パパさん、
そう、ミノル兄貴!

私もね、ランボの中では本物のイオタが一番好き。SVRはどうもリアフェンダーが好きになれない。なんだかウソっぽい感じで。

カラーは楽しみにしてて下さい。
Posted by ワタナベ at 2007年11月22日 14:39
もしかして、こちらへの書き込みは初めてだったでしょうか?いつもお世話になっているのに。

やった!スーパーカーですね。もうそれだけで満足。

私はミウラというとイメージはオレンジレッドかな?自分でつくる時はブラウンメタにしたいなあ、と思っていました。もし当たっちゃっていたら、ワタナベさんに譲ります(笑)

ハセガワのキットは印象がいいのでこのシリーズ続いて欲しいんですけどね。シリーズどころかカーモデルが全然出ないので、寂しいです・・・
Posted by きよみ at 2007年11月22日 19:58
おっ、もう次のお題ですか?
ランボといえば、キャンディカラーも似合いそうですねぇ。イエローとかグリーンとか。
帰ったら何作ろうかな。

「社会復帰」指摘されてから、ちょっとだけ不安になってみたり…
Posted by 勇鋳弛 at 2007年11月22日 23:43
ボクもミウラで連想する色ってイエローです。

なんだかエルさんといい、ワタナベさんもスーパーカーブーム状態ですね(笑)
この手のいわゆるスーパーカー、最後に作ったのが小学校終わりだか中学時代だかに作ったディアブロが最後ですね〜。それ以降、レーシングカーに目覚めてしまってそもそも市販車は作ってませんよ・・・。
だからこういうエッチングパーツとか使って作ったこと無いんで楽しみにしてますよ!フィッティングとか特に。あ、今はさほどフィッティングには困らないんですかね?(←それすら知らない)
Posted by Yoshitaka at 2007年11月23日 01:31
ミウライイですね 楽しみ 自分はハセガワでは無いのですが、色はサンザン悩みましたよ ブルーメタもいいし でもオレンジで塗りました 昔はミウラよりSVRが好きでしたが、今はJかSVがスキですね! 以前SVドライブしたことあるのですが、アクセル戻し又踏み込む時の重さは、すさまじいです 12発キャブは迫力有ります 同じ12発でも512BBiはインジションは乗りやすかった!
Posted by yoshi at 2007年11月23日 01:46
きよみさん、
こっちでは多分お初ですね。車種、キットによってはツッコミにくい時があるかもしれませんけど、今後もよろしくお願いします。

ブラウンメタとはまた渋いところ突いて来ますねぇ。スクラップブックを見直したりしてるんですけど、微妙な感じのパープルメタとかあのスパイダーZN75みたいな濃いグリーンとか、フェラーリではほぼ見かけない色でも似合っちゃう所がいいですよね。

私はハセのカーモデルはもしかしたらこれが最初ですかね。ちょっと記憶にない。割りとマジメな仕事するイメージがあるので、出来は悪くないだろうと思ってますけど。カーモデルの衰退は業界全体の傾向ですから、なんとも悩ましい。
Posted by ワタナベ at 2007年11月23日 11:27
勇鋳弛さん、
そう、ランボだと勇鋳弛さんの得意なメタリック系、キャンディカラー系が似合いますね。

そういえばメール届きましたか?先日送ったのですが。
Posted by ワタナベ at 2007年11月23日 11:38
Yoshitaka さん、
エルさんも私もほぼ同じスーパーカー・ブームの世代ですからねぇ。この手のエキゾチックカーはツボなんですよ。

よくよく考えてみると私もこういう箱車のプラキットにエッチングって使ったことないので、どうなることやら。
エッチングっていうと、ガレキ附属のものとかF1の臓物用ばかりなので、外装パーツになるエッチングは初めて。
Posted by ワタナベ at 2007年11月23日 11:42
yoshi さん、
ハセガワでないというとクアトロモデルのキットですかね。
やっぱり色は悩みますよねぇ。私も悩むというほどではないですけど、これまでこいつに手をつけなかった理由の一つは色なんですよ。

実車を運転したことがあるって、ものすごくうらやましいんですけど、マジで。
Posted by ワタナベ at 2007年11月23日 11:48
ご無沙汰してますです。

…んで、「ミウラグリーン」に清き一票っww

NEKOイベントの時にもてきのパドックで実車を見ましたけど、とにかくボディ自体が上下に超薄くて、そのくせ最低地上高は高め(70タイアだし)。地上高の数値的にはLP400の方が低いはずなのに、モノフォルムでないクーペスタイル故にミウラの方が低く感じました。
Posted by keith at 2007年11月26日 01:20
keith さん、
お久しぶりで。
グリーンですか。CMMの作例も確かにかっこよかったですね。

やっぱり作る前に実車を見ておきたいですよねぇ。東京ならなんとかなりそうだけど北京じゃ・・・。
確か小学生のときに晴海で実車をみた「はず」なんですけど、既にそんなものは何の役にもたたない・・・。
Posted by ワタナベ at 2007年11月26日 12:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック