2005年11月21日

この段階で穴開け

週末の進み具合なんですが、見た目にはあまり変わってません。

デカールはほぼ全て終了。
JaguarR2178.jpg

金曜日の夜に貼り終え、土曜と日曜にわけてクリアコートしておきました。

いや、何しろ湿度が低いのでデカールなんか一晩でばっちり乾燥してくれます。

おまけに塗装面なんかも、北京ではおなじみの「暖気」というシステムのおかげで放熱器近くに置いておくだけで、乾燥機と同じ効果が得られます。(たぶん)

デカールを貼っていて気がついたんですが、インダクションポッド下に緊急時のキルスイッチがついてます。

これ、どうしようかなぁ、と1分ほど考え、

JaguarR2180.jpg

バカですねぇ。開けました、穴。

ここまで塗装しておいて、今ごろボディに加工。

0.5mm の洋白線を埋め込むつもりなので、ひとまわり大きい 0.6mm の穴を開けました。

JaguarR2179.jpg

キルスイッチの方は、こんな感じで U 字型に曲げ、後で赤く塗装して差し込む予定。

自己満足なんですけどね。
posted by ワタナベ at 12:46| 北京 | Comment(7) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フフ。そんなあなたが好き。w
Posted by わか at 2005年11月21日 13:38
そんなアタシにラヴでつか・・・。

切るスイッチのデカールを貼った時点になって、資料を見返して気がつきますた。
Posted by ワタナベ at 2005年11月21日 15:40
もうクリアーコートが終わっているの?早いなぁ。
Posted by Romeo Nanjoh at 2005年11月21日 17:06
クリアコートっていっても、まだ第一段階です。
このあと、研ぎだしして段差を消したら、もう一回シャブシャブに溶いたクリアで艶吹きします。
Posted by ワタナベ at 2005年11月21日 17:52
出だした頃のオートクリアーって、塗装後にこういう作業するとピッキーンってクラック入ってたんですよね。あとウレタンでも入っちゃうでしょうな。

 ところで、最後の画像のペンチ。流石にナイスなもん持ってますな。私のは普通のリングプライヤーなので刃先が長くてウザイです。
Posted by @河童 at 2005年11月21日 22:46
@河童さん、
オートクリアーの初期版ってのはしりませんでした。その頃はたぶん模型休止してたと思います。
ところでこのクリア、UVカットがダメなので急遽お店に行って買ってきたんですが、何も考えずに買ったところスーパークリアだったんですが、IIとの違いは何なんでしょ。

あの道具はそんなにナイスですか?名前も知らない、どこでいくらで買ったかもおぼえてないんですけどね。
Posted by ワタナベ at 2005年11月22日 13:12
私の場合、Uは吹きっぱなし用、ノーマルは研ぎ出し用って考えてますけど。と偉そうなこと言ってますけど、Uはテスト吹きでしか使った事ないんですよ(笑)。説明書きにあるように、Uはレベリングシンナー使えって書いてるから、乾燥が遅い分塗膜が滑らかに仕上がるという事みたいです。肉持ちは通常のスーパーよりも弱めなので、下に通常のスーパークリアー使って研いでから仕上げにU吹いてコンパウンドフィニッシュ!!ってのがいいかなーとか考えてるんですが、未だに使用する機会がありませぬのよ。
Posted by @河童 at 2005年11月22日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック