2005年11月17日

デカール開始

通常、塗装面の上にそのままデカールを貼ると塗膜の細かな凸凹がデカール表面に現れてしまい、最終的にクリアコートしてもその凸凹が見えてしまいます。

なので、塗装後表面を研ぎ出すんですが、今回はメタリックカラーなのでそのまま研ぐとトホホなことに。

面倒ですがクリア層を一度作って、研ぎだし、そしてデカール貼りに入ります。

続きを読む
posted by ワタナベ at 12:55| 北京 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

ウィング前端

ちょっとばかし間が空いてしまいましたな、進捗日記。

もともとデカールで用意されているウィング前端のグラデーション塗装に取り掛かりました。
塗装で塗り別けると約束してしまいましたので。

続きを読む
posted by ワタナベ at 12:45| 北京 | Comment(10) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

やっぱなんか違う

書き方を変えてみます。
模型ネタだと画像が多くて、それ以外のネタを書いてもずーっと下の方へ行っちゃうものですから。
最初に画像がバンバン出てくると時間かかるしね。

で、本題。自然光の元でもう一回撮り直してみたジャガーグリーン、

続きを読む
posted by ワタナベ at 16:35| 北京 | Comment(10) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

ジャガーグリーン!

塗ります。

前回、塗りわけ用にホワイトを塗装してあったわけですが、そろそろ大丈夫そうなので、グリーンを塗ることにしました。

グリーンとホワイトの分割部分には赤いラインが入っていて、デカールで用意されています。そこでこのデカールをゲージにしてマスクします。

JaguarR2159.jpg

マスキングのやり方、というかマスクの作り方は人それぞれだと思いますけど、今回私が使ったのはクリア・ファイル。

本当は無色透明のものがいいんですけど、手元にあったのは黄色いヤツだけだったので、これでいきます。
デカールを挟んで、動かないように隅にきっちり固定します。
で、クリアファイルの上からマスキングテープを貼って、うっすら見えるデカールの形状に沿って切りだします。

これだけ。

JaguarR2160.jpg

以前アドバイスもらったインダクションポッド内側も事前に赤く塗っておいて、入口からちょっと入ったところに細切りマスキングテープをぐるりと貼り付け。

さらに奥はモデラーズのゾルでマスキングしました。

JaguarR2161.jpg

マスキングして準備万端。かねてからの予告どおり、手持ちのフィニッシャーズのジャガーグリーンを吹きました。

いろ味的には、うーん、どうなんですかねぇ。微妙。

フィニッシャーズのサイトを見ると「ジャガーレーシングより実車の塗料を送ってもらい忠実に再現しました、メタリックとゴールド系のパールが多く入って、角度によりライトグリーンからエメラルドグリーンへと変化します」と解説されてるんですが、どうやら、私の手元にあるヤツはリニューアル前の製品みたいですな。パールの量が微妙に少ない気がする。

リニューアル版をどなたか試してみてくれませんか?

JaguarR2162.jpg

さて、ドキドキしながらマスキングを剥がしてみます。
うーん、カラーリングがコンビになっているのを見ると「進んだなぁ」という気がしますねぇ。

幸い吹き漏れなどもなく、

JaguarR2163.jpg

って、あったよ。こんなところに、すげぇ派手に。

orz

後でペーパーで削ってみます。
posted by ワタナベ at 12:57| 北京 | Comment(9) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

カーボン風味

カーボン調デカールを貼ったアーム類なんですが、

JaguarR2156.jpg

はい、またメタリック系塗ってます。

というのも、どうやらこの乾燥した空気のせいなのか、チェックしてみるとことごとく剥がれていたんですよ、デカール。

アンダーパネルのような比較的面積の大きいパーツは大丈夫だったんですけど、アームなんかは全滅。ペロンと剥がれてました、えぇ、それはもう見事に。

JaguarR2157.jpg

で、またまた取り出したりますストッキング・マスク(って書くと頭からかぶるみたいに読めるな)を使って網目模様を付けて行きます。

今回は、こないだの経験を踏まえて下地にメタリック、マスクの上からセミグロス・ブラックを吹きました。

JaguarR2158.jpg

結果、やっぱりなんとなくかすれた感じに見える。

はた!と思い付いたのは、下地に使った「メタリック・ブラック」。これ、当然黒にメタリック粉末が入っているので、上から吹いた黒とトーンがあまり変わらない。なので、粉末の部分だけが見えて、かすれた感じなのだ、と。

下地には明るめのトーンの塗料を使うのが良いようです。

今回はこのままイっちゃいますけどね。
posted by ワタナベ at 12:50| 北京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

ホワイト本塗り

しました。(昨日と同じ書きだしやな)

JaguarR2155.jpg

画像的には大した変化はないです。前回、ベースホワイトを吹いたときと色味が変わっているわけではないですからねぇ。

JaguarR2154.jpg

ただ、前回とは艶が違います。サフェーサー、ベースホワイト共に塗装面をならしておいたので、その効果か、吹きっぱなしの状態でこのくらいは艶がでてます。

ノーズ部分にある程度映り込みが見えます。

今回使ったのは、Mr.Color の156番「スーパーホワイト IV」っちゅーやつなんですが、これをチョイスした理由は特にありません。
っていうか、艶ありのホワイトが切れていたのでお店に探しに行ったらこれしかなかっただけの話なんですがね。

ところで、I も II も III もないのにイキナリ IV。以前はあったんだろうと推測はつきますが、
クレオスさん、ホワイトだけでも多すぎませんか?

#1 ホワイト(光沢)
#62 つや消しホワイト
#69 グランプリホワイト(光沢)
#107 キャラクターホワイト(半光沢)
#156 スーパーホワイトIV(光沢)
#316 ホワイトFS17875(光沢)

ま、クリアも種類が多くてわけわかんないけど。

色味が違うなら「ホワイト」って名前使うのやめようよ。
posted by ワタナベ at 12:51| 北京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

カーボン・デカール貼り

しました。

とりあえず、アンダーパネルとアーム類の一部に。

JaguarR2152.jpg

見づらいですかね。やっぱり塗装では出せない目の細かさがいい。

JaguarR2153.jpg

こっちの方がわかりやすいですね。

これで乾燥後にはクリアーコートして平滑出します。

淡々としてますがね、スゴく時間かかりました。

やり方はたぶん一般的だと思うのですけど、マスキングテープで一度型をとってデカールを切りだし、貼り込んでいくだけです。

一枚でできない複雑な部分は分割して貼ってますが、網目の方向が合うようにしてます。
posted by ワタナベ at 12:26| 北京 | Comment(5) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

またまた番外:物欲日記

先日、ST27 の新製品リストのネタを書いたばかりなんですが、それにリンクしたネタを書いた@河童氏。

その記事を読んでいて、ムラムラとわきあがる物欲。
気がついたらボタン押してましたよ。

ウィリアムズ FW14B 。FW14B.JPGあーぁ、予約しちゃった、と。

いえね、現役時代、マンセルのことはそれほど好きでもなかったんですけど、なぜか日が経つに連れて好きになってしまったというのもあり、まぁ、このアイテムは外せないか、と自分に言い訳しながら「ポチッ」と。

でもねぇ、アクティブ・サス搭載のこの車、以外と資料写真も多いのでここは臓物付きのモデルが欲しいところ。かといってタミヤの1/12なんかに手を出せるわけもなく。1/20で臓物ありならがんばっちゃうんだけどねー。

で、注文内容の確認メールがきたのですが、あわせて

フェラーリ512BB LM THOMSON No.88 ルマン1978 ショートノーズ
フェラーリ365GTB4 デイトナコンペツィオーネ No.6 N.A.R.T.


なんかを ウッカリ 注文してました。


我に返ってみると、来たる正月に AMC 訪問した暁にはブラバム BT45 プレゼン仕様を「ウッカリ」することになっているのに、大丈夫なのか、オレ。

まぁ、買ってしまったものはしかたがないさ、ははは、ハァ。

考えてみれば、ここ最近購入したキットってタミヤ製はほとんどないんですよねぇ。
自分のツボにはまるようなキットが出てこない。逆に今回「うっかり」してしまったものなんかは、スーパーカー世代のツボを刺激するようなアイテム。
ポルシェ911ターボ'88はまぁ、欲しいけどなぜか北京では未見。なので買ってません。

タミヤはアイテム選択が下手だ、と言われてますけど、激しく同意。


どうせキットの価格が上がってしまうのだから、ここはひとつターゲット年齢層をスーパーカー世代に絞ったらどうか、と思うんですがねぇ。
posted by ワタナベ at 17:08| 北京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

カーボン塗装

今日も今日とて地味な更新。

先日セミグロス・ブラックを塗って下地としていたカーボン系パーツですが、ストッキングをマスクにしてメタル系を吹きました。

今回使ったのはクレオスのメタル・ブラックです。
本当はメタリック・グレイとか使いたかったんだけど、手元にも店にもなくてねぇ。

で、結果

JaguarR2151.jpg

あ、あれ?

以前のように綺麗に網目がでない。
(上の写真ではきれいに見えますけど、実物は結構まだらです)

試しにフロントのアッパーアームで吹いてみたんですがね。

御存じの通り、メタル系の塗料は粉末を含んでますから、その粉末がストッキングの網目ではうまく通り抜けられなかった模様。

前回(の様子はメインページの Jordan191 日記で)のように下地にメタル系を塗っておけばよかったようです。これからは、ストッキングを使う場合にはこの点に気をつけます。

結局、全部塗り直してやるかどうか考えたんですが、「塗装で再現するとオーバースケールだしねぇ」というコメントを頂いたこともあり、今回はデカールの貼り込みでいくことに方針を変更します。
posted by ワタナベ at 12:35| 北京 🌁| Comment(11) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

番外:閑話休題

スタジオ27の新製品リストが更新されましたね。

まずは、ウィリアムズ FW14B 。
正直に告白します。



欲しくなってます。

今までどうとも思ってなかったキャメルカラー時代のウィリアムズなんですがね、写真をみてしまうとどうも、ウズウズと。


はい、次。

ロータス77シリーズ。77ぁ?二階建てウィングの76(画像みつからなかった)にしときなさいっての。
あのダメダメさ加減がいいんだから。

えー、次っ。

ティレル011!

011ですか?(画像はこちらに)
惜しい!実に惜しい。011はやめなさい。わかってないなぁ、012(画像はこちら)の方がかっこいいのに。

え、オレだけ?

それと、リジェ JS17 ・・・・ は、どうでもいいや。


いじょ。言いたい放題、書きたい放題の中身なしでした。
posted by ワタナベ at 14:43| 北京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白いところは白く

ベースホワイトを吹きました。

JaguarR2150.jpg

なんかこのところフザケた工作がないので、日記も淡々としてきているのが悩み。

上の画像中にあるボディ以外にもウイングなんかも白いので一緒にベースホワイトを吹いてあります。
乾燥後、軽くならしてから本チャンのホワイトを吹きます。

この車、フロント・リアともにウィングの前端がグリーンのグラデーションになってます。
で、キットではパーツにグリーンを塗って、その上にデカールを貼るよう指示されています。
つまり、デカールは白いんですが、前端部分だけグラデーションになるよう透明になってます。

これをそのまま使うか、塗装でグラデーション付けるか目下考え中。
posted by ワタナベ at 12:38| 北京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

とりあえず黒くしました。

JaguarR2149.jpg

すんません、すごく地味な進捗なんですけどね。

カーボン製パーツの部分にセミグロス・ブラックを吹きました。

以前、Jordan191 のカーボン塗装をするときには下地をグレー系にしてその上から黒を塗ったわけなんですが、今回はいわゆる普通のパターンで行ってみようか、と思いましてね。

ところで、話題になっていた11番目のF1チーム、ついに発表になりましたね。

名前が


「スーパーアグリF1」。


・・・・、「スーパー」て。orz

小学生のネーミングみたいでなんかやだなぁ、と。

もしくは競争馬の名前みたいだ。

まぁ、「ソフトバンク・ホンダ」よりはマシかもしれないんですがね。

チーム名に個人名がつくのは、

・フェラーリ

・トヨタ

・ウィリアムズ

・ジョーダン

・ザウバー

・ミナルディ

こんなとこですか。(下の3つは来季から名前が消滅しますが)

で、どれをとっても全部名字なんですな。そこへもってきて「アグリ」。

エンジンがホンダになることは決定しているので

「スズキ・ホンダ」にはできないことは、まぁ当然か。

でも、やっぱ、「スーパー」はやめようよ、マジで。

ところで、本当に来季から参戦できるのかね。間に合わない気がする。

琢磨の行き先がはっきりしないのはそのせいじゃないかなぁ。

FIA の承認がおりるかどうかハッキリしないのに、「来季は新チームで参戦します」って決めちゃって、「やっぱダメでした」になると一年ブランクが空くからねぇ。

かといって、琢磨の返事を待っているミッドランド(旧ジョーダン)に今、決めちゃうと後々の契約とか面倒そうだし。

まぁ、来季の参戦は諦めて、2007年に向けて開発やるのが妥当な線だとはおもうけどね。
posted by ワタナベ at 12:57| 北京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ホイール

お次ぎはホイールを。

JaguarR2144.jpg

ホイールは、アルミ削りだしのリム/本体パーツと、ホワイトメタル鋳造のスポークパーツから成っています。

ホワイトメタルは、白く粉吹いた状態でしかもパーツ自体に細かいス穴が開いていますから、これを綺麗に成形しなければなりません。

普通は、金属ブラシでこすったり、ペーパー掛けして表面を整えて行くものですが、

JaguarR2145.jpg

今回私はこんな先端工具を使いました。

通常、写真にあるような丸鋸を固定してモーターツールに使うこの「マンドレール」。ちょうどスポークパーツにも真中に穴が開いていますから、丸鋸の代わりに固定して手軽に磨きだしてしまおうという算段。

JaguarR2146.jpg

回転するパーツにペーパーあてるだけですから、もうカンタン、カンタン。

あっと言う間にツルツルな表面の出来上がりです。

なんでこんなことしたかというと、金属の地肌を活かしてホイールの色であるゴールドを再現できないか、と考えまして。

JaguarR2147.jpg

プライマーだけ吹いたあとにクリアーイエローを吹いてみました。

・・・。ゴールドはゴールドなんだけど、やっぱなんか違うよねぇ。

もうちょっとオレンジ足すとかなんかしないとそれっぽい色にはならないですな。

JaguarR2148.jpg

つーわけで、なんのことはない、フツーにゴールド吹き直しました。

こっちの方が実車に近い色味ですな。ちなみに使ったのは、Mr.Color スプレーの #9 を中抜きしたもので、ブラシで吹いてます。
posted by ワタナベ at 12:58| 北京 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

オンボードカメラのやりなおし

さて、先日「大きすぎる気がして来た」カメラなんですが、タミヤ製のF2001のカメラのパーツと比較してみました。

JaguarR2138.jpg

デカい、デカすぎるよ。特に前後長が全然違う。

この JaguarR2 も F2001 も2001年の車なので、FIA から同じ物を支給されているはずなんですがね。

タミヤ・デフォルメが効いているとしても、これは・・・。

JaguarR2139.jpg

ちゅーわけで、またしてもカット。

パテ盛りしてデコボコを埋める準備までしていたんですがねぇ。

結構切り詰めました。

JaguarR2140.jpg

工程自体は前回とほぼ同じです。

パーツに厚みを加えて、それなりな形状にしていきます。

JaguarR2142.jpg

さらに中央部分には洋白板の切出しを貼り付け、段差を再現します。

また、レンズ部分をやすりで形状だししました。

JaguarR2143.jpg

カウルに乗せてみたんですが、どうですかねぇ。

ちょっと前後長が短い感じもしますが、どうやらこれはインダクションポッドの長さが長過ぎるせいみたいです。
こうなってくると、プロポーションをいじることになり兼ねないので、このへんでやめときます。
posted by ワタナベ at 13:06| 北京 | Comment(6) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

進捗ゼロ

タイトルどおりです。

昨晩、タミヤのF2001を引っ張りだして来てオンボードカメラのパーツを比較してみました。

すると、幅はそれほどでもないんですが、前後長がとんでもなく違いました。

「あれ?タミヤのグランプリコレクションって1/24だったっけ?」って思う程違うんですよ、これが。

ちゅーわけでやりなおしです。


ところがですねぇ、取り掛かろうと思ったところ家人からのプレッシャーがかかりまして、手を付けずじまい。

趣味の時間くらいほしいよなぁ。
posted by ワタナベ at 12:45| 北京 | Comment(6) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

オンボードカメラ

JaguarR2133.jpg

いまだにサフェーサーを吹いては削り、またサフを吹くという下地作りのくり返しで、画像的には全然変化がありません。

このままでは、見ている方々はもちろん、自分が飽きてしまう。

というわけで、なんかいじれるパーツがないかと探ってみたところ、

JaguarR2134.jpg

ありましたよ、インダクションポッド上にある「オンボードカメラ」

これまた他のメタルパーツ同様トホホな出来で、このままではホントに頂けません。

パーツを眺めて見ると、

1.前端部分が薄すぎ。本来、ここはぶ厚いのです。パーツのエッジが厚いために薄々攻撃が必要なことはよくありますが、ここはまったくもって逆。

2.支柱のセンターが出ていません。このまま取り付けると変な方向向いて、しかも傾いて取り付いてしまいます。

この辺をなんとかしましょう。

JaguarR2135.jpg

まず、前端はパテもしくは半田盛りで厚みを出すとなると、相当面倒なことになるのであきらめ、別の方法で行きます。

で、余計な部分をあっさりカット。

JaguarR2136.jpg

カットした部分に 1.2mm の洋白丸線を瞬着で貼り付け、仮止めします。

この 1.2mm 洋白丸線は使い道が少ない割りに結構長めなので、いつまで経ってもなくなりませんわ。

JaguarR2137.jpg

で、さらにすき間を半田で埋めて軽く成形。とりあえず様子を見てみます。

支柱はまだ修正していないので、御覧の通り取り付き角度が変。

ってなところで昨日は時間切れ。

しかし、今見直してみると本体の幅広すぎる気がして来た。こりゃ、タミヤ様の F2001 の同パーツをひっぱり出して来て比較した方がいいかも。

カメラ自体は FIA の支給品だから形状、サイズは同じはず。となればタミヤの方が信用できるもんね。
posted by ワタナベ at 12:37| 北京 | Comment(7) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

こんだけかよ。

えー、ここ最近すっかりフツーのブログと化している我が「ペキモ! CopyRight by @河童」なんですが、モデラーのみなさんお元気でしょうか?

スナイパーAです。


いやー、土曜日の夜に北京に帰って来ましたが、模型をいじる時間がないんですねぇ。

それでも昨晩、1週間ほど寝かせておいたプラサフ塗布済みのボディをちょっくらいじりました。

JaguarR2132.jpg

3Mのスポンジペーパーを使って、塗装表面をならしてみました。
レジンという材質はどうしても細かいス穴ができてしまうので、プラスティックとは違って下地をしっかり処理しないと最終的に滝のような涙を流すはめになるので、ここは手が抜けません。

で、サフの表面をある程度ツルツルにした方が良いわけですが、あんまりやりすぎると上に塗料が喰いつかなくなるので御注意を。

写真のような状態でいいですかね。

まだまだ下地処理が続きます。
posted by ワタナベ at 12:59| 北京 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

サフ掛けもういっかい

今日はですねぇ、実は熱出して会社休みました。ここのところ調子悪かったんですが今朝起きた時に計ったら38度6分もありまして。平熱が36度をきる私としては大変なことになってました。

昼過ぎに医者に行き、薬を出してもらいました。今はだいぶマシな感じです。

で、昨晩の作業なんですが、

JaguarR2129.jpg

耐水ペーパーやスポンジペーパーなどで面だしをしました。もう見てる方も飽きてきちゃうと思うんですが、この手の写真は何回目でしょうかね。

JaguarR2130.jpg

ここにコメントくださる皆さんには当たり前というか、普通にやっていることだと思いますけど「初めてガレージキットに挑戦」というのがサブタイトルなこの JaguarR2 製作記なので、ちょっと紹介しておきます。

ホワイトメタルのパーツはペーパー掛けでもいいんですが、写真のようなブラシで磨いてからサフ掛けするといいです。ここには二種類写ってますが、パーツの形状などに応じて私は使い分けています。

JaguarR2131.jpg

更にもう一回今の段階でサフを吹けるものに吹きなおしました。



さて、今週末はF1最終戦上海GPなんですが、この熱をおして私も行ってまいります。
えーと、一応トヨタのパドッククラブのパスですので、両ドライバーと記念撮影ができるかもしれません。

では、がんばって死んできます。
posted by ワタナベ at 23:00| 北京 | Comment(11) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

冷却ダクト

JaguarR2126.jpg

ま、予想通り、っちゅーか予定どおり?傷やら何やらがまだ残っているので、ボディにはパテ、溶きパテを塗り付けて放置します。

乾燥するまで何をやらかそうかなぁ、ってなわけで

JaguarR2127.jpg

アップライトに付いているブレーキディスクの冷却ダクトを何とかしましょう。

中央にあるのが後輪用のアップライトですな。こちらはえぐれた形状になっていますが、ただそれだけ。

両外側にあるのが前輪用のアップライトです。これはダクトはただの棒状になっているだけで穴が開いてません。(左側がキット状態)

なので、右側にあるようにえぐってしまいます。

JaguarR2128.jpg

あとは、エッジを薄くデザインナイフで削って、洋白板でふたしておしまい。

このあとアップライトそのものも成形してサフ行きです。
posted by ワタナベ at 17:51| 北京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

もいっかいサフ

JaguarR2124.jpg

一度ボディの面出しをしましたので、ここで周囲から警告があったフィンを取り付けてしまいます。

これ、付けちゃうと塗装後の砥だしが大変になるだろうと予想されるんですが、塗装後の取り付けだと分割線が見えてしまってあまり好ましくないんですよ。

あくまでも個人的な好みなんですけどね。

で、接着後に溶きパテを充填して一体パーツに見えるようにしようと思って先に取り付けました。

JaguarR2125.jpg

更にもう一回全体にサフェーサーを吹いてます。
乾燥を待ってもう一度軽く研いで様子を見る予定。

フィンが付いて来ると結構カッコよく見えて来ましたよ、この車。
ただし、後々の作業がめんどくさいこともわかっているので、泥沼な予感。


閑話休題
昨日の日本 GP なんですが、うーむ、琢磨はもう悪循環ですな。

結果がでないー>焦るー>ミスるー>結果が出ない

こればっか。比べるのも酷なんですが、ライコネンはやっぱすごいっすわ。
車がいいってことを差し引いても、あれは素晴しい。
私の脳内チャンピオンマシン MP4/20 も購入したことだし、最終戦も頑張ってほしいものですな。
posted by ワタナベ at 12:43| 北京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | Jaguar R2 Monaco (ST27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。