2021年03月22日

AlfaRomeo 155V6 TI

AlfaRomeo 155V6 TI ITC 1996 (BBR)


155114.JPG 155113.JPG 155116.JPG 155115.JPG 155118.JPG 155121.JPG 155122.JPG 155119.JPG 155120.JPG 155117.JPG


思い返せばこのキットは 2017 年のホビーフォーラムに行った時にトマソンさんから託されたんですねぇ。
BBR 得意の無理窓、灯火類パーツは劣化してベトベトな上にバラバラに割れて(いやまぁそうでなくてもそのままは使えない感じだったんですが)、とは言うもののそれ以外はきちんとした状態だったので上手な人が作ればもっとカッコよくなると思います。

どっかでマルティニカラーが云々とかいう話題があって、それに触発されて始めたような気がします。(さっぱり覚えてない)
このストライプはカッコいいけどデカールで全部貼るのはどの車種でも難しいですねぇ。私はズルして赤だけ塗装しましたけど、これが最適解なんじゃないでしょうかね。
posted by ワタナベ at 12:24| 北京 | Comment(4) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

AlfaRomeo Giulia Spider Veloce

AlfaRomeo Giulia Spider Veloce (TRON)

Veloce235.JPG Veloce228.JPG Veloce230.JPG Veloce231.JPG Veloce232.JPG Veloce229.JPG Veloce233.JPG Veloce234.JPG Veloce236.JPG Veloce237.JPG Veloce238.JPG Veloce239.JPG Veloce240.JPG Veloce241.JPG

結局完成までに14か月(?)かかりました。浜松の巨匠がジュリエッタ・スパイダーを作ったのを見てからずっと心の中にあった車種・キットをついに終わらせることができて感無量です。

キットはプロバンスの物に付け足し又は入れ替えしたものをリリースすることが多いと聞いたトロンのもの。作ってて「自分にはプロバンス(トロン)が性にあってるなぁ」と思いました。カッチリしたタメオとか BBR よりも適度にユルいところが作ってて楽しいです。
ボディカラーは巨匠の真似をしたつもりはなかったのですが、結果的には同じ水色になりました。バンパーはメッキのかかってないメタルパーツが入っていたら最高でしたねぇ・・・。
posted by ワタナベ at 16:33| 北京 | Comment(5) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

Lamborghini Murcielago R-GT

Lamborghini Murcielago R-GT (MR Collection)

IMG_0424.JPG IMG_0425.JPG IMG_0426.JPG IMG_0427.JPG IMG_0428.JPG IMG_0429.JPG IMG_0430.JPG IMG_0431.JPG IMG_0432.JPG IMG_0433.JPG IMG_0434.JPG IMG_0435.JPG IMG_0436.JPG

年末年始で早作りチャレンジしてみようと思ったキット。結果的にこれが原因で叱られてしまい、家の中での塗装が禁止されてしまったのでした。
キット自体は難しいところは特になくさっと組むことはできますが、問題はウィンドウ。外から貼る方式で黒枠の印刷されたウィンドウパーツが既にカットされた状態で用意されてますが、これが微妙にサイズが合わない、硬い、印刷がズレてる、とまぁ完成度を気にする方ならもっと薄くて柔軟性のある素材で切り出して裏から縁を黒く塗るのが間違いないです。

MR Collection はこれが初めてなんですが、作りやすいキットではありました。
posted by ワタナベ at 12:22| 北京 | Comment(2) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

Ferrari 126 C2 US West GP

Ferrari 126 C2 US West GP (Tameo)

IMG_0407.JPG IMG_0393.JPG IMG_0394.JPG IMG_0396.JPG IMG_0397.JPG IMG_0395.JPG IMG_0399.JPG IMG_0398.JPG IMG_0400.JPG IMG_0403.JPG IMG_0404.JPG IMG_0402.JPG

これの最初の記事が 2018/09/13 なので1年弱で完成ということでしょうか。

特に難しい事もせず(できず)、淡々と作り続けたのに1年かかりましたねぇ。

- リアのスタビ作り直し
- ポップオフバルブの先端追加
- リアウィングのガーニーフラップ(Z モデルのエッチング)追加
- リア NACA ダクトからの導入ダクト追加
- ブレーキ冷却ダクトの作り直し

こんな感じ?あ、メーターパネルは溶かしちゃったから作り直しましたね。

タメオは、というか F1 は難しいです。
posted by ワタナベ at 12:23| 北京 🌁| Comment(5) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

Porsche 935/78 Moby Dick

Porsche 935/78 Moby Dick (TAMIYA)

IMG_0378.JPG IMG_0379.JPG IMG_0380.JPG IMG_0381.JPG IMG_0382.JPG IMG_0383.JPG IMG_0384.JPG IMG_0385.JPG IMG_0386.JPG IMG_0387.JPG IMG_0388.JPG IMG_0389.JPG IMG_0390.JPG IMG_0391.JPG

1年ぶりの完成品アップなので画像沢山。

私はこれまでポルシェを苦手としてましてね。好きなのに必ず何かやらかす。いまだかつて「まぁこれならいいかな」な出来になったことがありません。17年前のベビーターボも窓枠を塗るときに貼ったマスキングテープにマルティニストライプを持ってかれるとかあったし。

今回のこれはクリアコート時の埃混入、もうね、今までこんなに埃混入したことなんてないのに、よりによって真っ白ボディのこいつの時にこんなに混入するとは思いもしませんでした。


まぁ、それでも40年前にモーターライズとして設計されて途中ディスプレイ用に改変されたキットを、現代のディスプレイキットの横に並べてもそこそこ見られるように作り上げる、という目標は完遂できたのかな、と思ってます。
posted by ワタナベ at 18:55| 北京 | Comment(6) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

De Tomaso Pantera Tour De Italie '73

De Tomaso Pantera Tour De Italie '73 (Starter)

Pantera076.jpg Pantera077.jpg Pantera078.jpg Pantera079.jpg Pantera080.jpg Pantera081.jpg Pantera082.jpg Pantera083.jpg Pantera084.jpg

なにげなく放った「あーパンテーラいいなー」に対して「はいどうぞ」とやってきたこのキット。
スターター製のパンテーラはどうも実車のバリエーションと同様に原型からしてまったく違うものらしく、某氏の記事見るとあちらのはリトラクタブルライトの筋彫りなんかが正しい形してるんですよね。
こちらの仕様のは「なんやコレ」な感じでパンテーラには見えるけど、「これはちょっと・・・」みたいな。
修正点が多かったからといってそれを言い訳にする気はないですけど、まぁワタクシには荷の重いキットではございました。

あまり実物を他人の目にふれさせたくない・・・・ orz
posted by ワタナベ at 11:52| 北京 | Comment(6) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

Aston Martin DB3S LeMan 58

Aston Martin DB3S LeMan 58 (PROVENCE MOULAGE)

IMG_0241.JPG IMG_0243.JPG IMG_0244.JPG IMG_0245.JPG IMG_0246.JPG IMG_0247.JPG IMG_0248.JPG IMG_0215.JPG

というわけで奇しくも横浜ホビーフォーラムで某クラブのテーマ「耐久レーサー」に沿ったモデルになったので現地でお披露目するべく持っていきます。

まー、識別用カラーリング(黄色)を間違えるという大ポカはありますけど、そこそこきちんと作れたかな、と。あと、現物はそんなにイイ出来ではないですけど、そこはいわゆる JPEG マジック炸裂でこのギャラリー用の画像は雰囲気いいんじゃないですかね。

ともかく、ワタクシやはりプロバンスとは相性いいみたいです。(そんな人は大勢いるとか言わないで〜
posted by ワタナベ at 17:36| 北京 | Comment(6) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

Ferrari 308 GTB

注)取り直してアップしなおしました。(2017/06/17)


Ferrari 308 GTB (Revell)

308126.jpg 308129.jpg 308122.jpg 308127.jpg 308131.jpg 308130.jpg 308133.jpg 308134.jpg 308135.jpg 308132.jpg 308137.jpg 308138.jpg 308136.jpg

やっと終わりました。
キットは北米仕様になっているので出っ歯バンパー、コの字型ルーバー。ルーバーは許せるけど、あの飛び出したバンパーはやっぱりカッコ悪い。んなわけでそこら辺を修正して、ウィンドウもキットパーツは瓶底+サイドが開状態なので作り直し。あと一番気に入らなかったのはフロントフェンダーの怒り肩ですねぇ。
同時期の BB なんかは怒り肩でいいんですけど、多分8気筒はそんなデザインじゃないと思われ。そこも修正してしまったのでルーバーも作り直し、とだいぶ切った貼ったが多くなりました。

このキットの他の完成画像見てもあのフェンダーには違和感があるのですよ。とりあえずやってよかったかな。
posted by ワタナベ at 10:55| 北京 | Comment(7) | TrackBack(0) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

Renault R202

Renault R202 (Studio 27)

DSCF3717.jpg DSCF3718.jpg DSCF3719.jpg DSCF3720.jpg DSCF3721.jpg

連日続いた恥さらしドM記事もこれで最後。
(うん、まぁ今作ってるものの記事も恥さらしではあるけどさぁ・・・)

これは 2007 年すね。鈴鹿での F1 開催が最後になるってことで(戻ってきたけどね)、鈴鹿を走った車作ろうってことでブログ仲間でコンペみたいのをやったんですな。R202 自体は 2002 年の車でトゥルーリとバトンのコンビ。これは #14 で作ってるのでトゥルーリ仕様らしい。
もうね、作っててなんの思いいれもなくて、キット買ったのも確か安売りしてたからってな理由だった気が。
バージボードが小さすぎたのでそこを修正したのは覚えてる。あとはカウル後ろ側の廃熱口をなんかいじった記憶もあるけど細かいところは忘れた。www

これだけケースの台がついたままの撮影になってますけど、この頃はネジを仕込んで脱着式固定にはしてなかったんですわ。スペーサーを両面テープかなんかで貼り付けてあって、剥がすのが面倒だったのでそのまま撮影となりました。
posted by ワタナベ at 00:00| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

Ferrari 575GTC 2003

Ferrari 575GTC 2003 (BBR)

DSCF3710.jpg DSCF3711.jpg DSCF3712.jpg DSCF3713.jpg DSCF3714.jpg DSCF3715.jpg DSCF3716.jpg

ダラリダラリと続くドM記事第三弾。

これは 2010 年ですか。初めて BBR を外貼り式無理窓を体験したキットすな。
えぇ、これもねぇ、リアウィングのクリアコート失敗して一部白濁してたり、そのウィングが若干傾いてたり。あ、あとこれ、6個くらいパーツが足りなかったんだよな。取り替えてもらうにも返品するにも住んでる場所が場所ゆえ諦めて自作したり、複製して譲ってもらったりしたんだった。

撮影するときにヘッドライトカバーの内側にゴミが混入してるのに気づいたけど、シカトしてそのまま撮りました。根がズボラなんすねアタクシ。
posted by ワタナベ at 12:00| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

Brabham BT45 Press version

Brabham BT45 Press version (TAMEO)

DSCF3702.jpg DSCF3704.jpg DSCF3705.jpg DSCF3706.jpg DSCF3707.jpg DSCF3708.jpg

ドM記事第二弾。

これ、完成したのは 2009 年てことになってますけど、確かストライプのデカールをスペア含めて失敗したせいで、さらにスペアデカールを請求ってことで途中空白があったような記憶が。

改めてみてみるとフロントのサスアームが左右で高さ違う。どういうことなんですかねこれは。
色々作りが粗いですなぁ。こういうところはもう今も同じなので一生直らないんですかね・・・・
posted by ワタナベ at 12:00| 北京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

Lancia Stratos 75' Monte Carlo

Lancia Stratos 75' Monte Carlo (Starter)

DSCF3692.jpg DSCF3693.jpg DSCF3694.jpg DSCF3695.jpg DSCF3696.jpg DSCF3697.jpg DSCF3698.jpg DSCF3700.jpg DSCF3701.jpg

過去の駄作・遺物を晒すドM記事第一弾。

先日の比較記事のために画像を探したら「あれ?これ撮ってなかったな」と気づいたので、今まで完成写真をきちんと撮ってなかったものを先週末撮り直しました。

これ、初めて作った 43 の箱車だったんじゃなかったかな。かれこれ9年も前ですねぇ。
しかしこれがまた今見るとほんとヒドい出来ですわ ww
当時はこれでも頑張って作ったんですよねぇ。撮影のためにもう一度じっくり見てみるとエポキシ接着剤がはみ出してたり、研ぎ出しの甘い部分があったり。

まーこうやって振り返ってみると上達の速度は遅いなりにゼロではないなと振り返るためにも過去作は必要です。
posted by ワタナベ at 13:26| 北京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

Porsche 917K 70' Spa-Francorchamps 24h

Porsche 917K 70' Spa-Francorchamps 24h (PROVENCE MOULAGE)

917131.jpg 917132.jpg 917133.jpg 917136.jpg 917130.jpg 917129.jpg 917137.jpg 917135.jpg 917134.jpg

一年ほど前に 917 をみなさんが作ってるのを「自分はもってないからみなさん頑張ってねー」みたいに外野から見てたら、オフ会で「はい、ナカーマ www」と渡されたこのキット。
いろいろ細かい部分が実車と異なっていたわけですが、できる限りの修正キメて完成させました。
それまでこの手のプロトタイプスポーツカーは興味なかったんですけど、作ってみるとなかなか面白かったです。


ヘッドライトカバー周囲の黒縁は結局断念。真横からのショットみるとフロント上がりでちょっとここはダメですねぇ。作ってる間にきちんとやってればこういうこともないんでしょうけど、どうにもこうにもこういうポカはなくなりませんな。w
posted by ワタナベ at 14:47| 北京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

Tyrell 012 Austrian GP

Tyrrell 012 Austrian GP 1983 (Silver Line)

SL012141.jpg SL012142.jpg SL012143.jpg SL012144.jpg SL012145.jpg SL012146.jpg SL012147.jpg


自分にとって初めての 43 キットだった MERI の 012 を作ってから9年が経過しての 012 。仕様違いではありますけどね。やっぱり TAMEO (SIlver Line) のキットは凄いなぁ、と思います。
プロポーションは段違い、パーツ精度も段違いでストレートに組むならストレスいらずです。精度が高すぎて塗膜の厚みで苦労するくらい。自分で置き換えたパーツは、やってもいいけど必ず必要っていうほどではない気がしました。メッシュ部分もたぶんキット付属のエッチングで十分満足できます。
posted by ワタナベ at 11:35| 北京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

Williams FW26

Williams FW26 (Studio 27)

FW26091.jpg FW26089.jpg FW26086.jpg FW26087.jpg FW26088.jpg FW26090.jpg


唐突に完成記事。

見返してみると FW26 の記事の最後は 2013/08/06。ベースホワイト吹いたところで終わってますね。
いや実はですね、あのあとブルーを塗ってシルバーのストライプを入れてる段階で「もうこれはダメだ」みたいになっちゃってたんですね。簡単にいえば塗装失敗。シルバーのストライプをデカールで貼るんですが、もうねこれがさっぱりあわないのですよ。切り貼りでなんとか辻褄合わせながらやってたんですが、指摘するとキリがないほどグダグダになってしまいましてね。

すっかりやる気失って例の金色のアクリルの箱に入れたまんまになってたのです。で、こないだ A4 完成したのでなんとなくこれを取り出して、とりあえず完走めざそうか、と。細かいパーツを除いてほとんど塗装まで終わっていたのでとにかく接着しまくりました。

FW26 は特異なノーズ形状でド肝ぬいたエポックな車ですけど、残念ながら 1/20 のこのキットはかなりめちゃくちゃです。ホイールベースが異様に長い、バージボードの形状が大嘘(ま、これはスタジオのキットにありがちだけど)、ドライバー頭上のインダクションの位置低すぎ、カウル分割ラインが大嘘などなど、「FW26 を再現したい!」と真面目に取り組むと死亡必至なカンジ。私のようなポンコツモデラーにはキツい一品です。
posted by ワタナベ at 10:22| 北京 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

Audi A4 DTM 2009 Timo Scheider

Audi A4 DTM 2009 Timo Scheider (Revell)

A4153.JPG A4154.JPG A4155.JPG A4156.JPG A4157.JPG A4158.JPG A4159.JPG A4160.JPG A4161.JPG

実車が艶消し塗装なんですが、そこにボディ同色で艶ありのロゴが配されるというなかなか難しいキットでした。私はロゴ部分をマスキングして艶消しクリアを噴く方式にしましたけど、難しかったです。ロゴを綺麗にマスキングできなかったし、クリア層を厚くしてしまったのでエッジが白く残ってしまいました。

他のやり方としてはボディをグレーにしてデカールを貼って全部艶消しでコートしてしまうとか、艶消しコートした上からデカールを貼りっぱなしで終わらせるとか、どれも一長一短で難しい。割り切りが必要になると思います。
posted by ワタナベ at 12:09| 北京 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

Lamborghini Countach LP400

Lamborghini Countach LP400 (TAMIYA)

Coun091.jpg Coun092.jpg Coun093.jpg Coun094.jpg Coun095.jpg Coun096.jpg Coun098.jpg Coun100.jpg

うーん、最後は制作記事端折って終了してしまいました。

最後に手戻りしたウィンドウは、最低でもバラバラに、もうひと手間かけられるならバキュームで作りなおしすると幸せになれます。フロントのマーカーランプのカバーは結局普通に透明なまま。縦の筋彫りも入れるのを諦めました。
ワイパーはキットパーツをできるだけ削って細くするだけでおしまい。

これで今年の完成は最後ですね。

思うに、最近は作れば作るほどダメな作品になってる気がします。老眼が進んだからか、思うように時間がとれないからか、後半は特に自宅にいる時間が減ったからか、やることが雑になってるんですかねぇ。
このままゴミを量産するのはよくない気がしています。
posted by ワタナベ at 14:11| 北京 | Comment(12) | TrackBack(0) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

AlfaRomeo TZ2

AlfaRomeo TZ2 (PROVENCE MOULAGE)

TZ2191.jpg TZ2192.jpg TZ2193.jpg TZ2194.jpg TZ2195.jpg TZ2196.jpg TZ2197.jpg TZ2198.jpg TZ2199.jpg TZ2200.jpg

プロバンスの TZ2 、ヒロの TZ2 持ってないから代わりにサクサク行くつもりだったのに、結局半年以上かかってしまいましたね。時間かけた割りに満足いかない仕上がり。

ダメな点
・窓貼り。毎度の反省箇所、進歩ないすね・・・
・ホイール。リムとディッシュ面が別体なのをパテでつなげたのが綺麗じゃない
・ベルト。カウル留めのベルト、自作したものの下手すぎて見てらんない
・ライト。小さすぎました。カバーと干渉するのでこれ以上大きいのは付けられない。ただ、取り付け面積は十分もう一回り大きいのが付けられるので、ライト取り付け位置をもっと掘り込んで埋め込む感じにすればいいと思う。
・エキパイ。せっかくパイプ出口の真ん中の仕切り付けたのにいつの間にかどっかいっちゃった。そしてやり直さず。
・ライトカバー・リム。もうちょい細いほうがよかった。厚みもちょっと・・ね。

満足な点
・フロントグリルの飾り。平たいエッチングのままじゃなく立体的にうまくできた。

以上。
posted by ワタナベ at 11:36| 北京 | Comment(8) | TrackBack(0) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

Lamborghini Reventon

Lamborghini Reventon (Fujimi)

Rev092.jpg Rev093.jpg Rev094.jpg Rev095.jpg Rev096.jpg Rev097.jpg Rev098.jpg Rev099.jpg Rev100.jpg Rev101.jpg Rev102.jpg Rev103.jpg Rev104.jpg Rev091.jpg

2014年最初の完成。サクサク始めたのに比例して、割と短期間で仕上がりました。
今回のキモはボディカラーですかね。黒にパールを混ぜると艶が落ちるのを経験していたので今回はそれを意図的・積極的に使ってみました。
まー細かいところでは色々ミスありますけどこれはもうしょうがない、自分の腕がそれまでだということ。

あ、ちなみに上の完成画像は実は取り直しの2回目です。
通常、撮影ブースを使って直接光が当たらないようにするわけなんですが、1回目撮った時も同様にやったんですがどうもピンとこない。撮り終わったあとケースに固定する段階で手持ちでちょっと撮ってみたらこれが割りとよかった。何が違うのか考えてみたら光の当て方なんですね。
で、2回目は光が直接当たるようにして撮ってみました。ボディカラーが艶消しなので強い光を当てないとコントラストがはっきりでなくて全体的にモヤっとした感じになるのかな、と。

下の画像はボツにした1回目の撮影時のもの。

Rev078.jpg

ね?なんかモヤっとしてておもちゃくさいというかディテールが埋もれてる感じ。
艶消しの車撮る時はこのあたりに気をつけてみてください。
posted by ワタナベ at 19:50| 北京 | Comment(16) | TrackBack(0) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

Stratos Chardonnet `75 TdC

Stratos Chardonnet `75 TdC (Racing 43)

Char149.jpg Char150.jpg Char151.jpg Char152.jpg Char153.jpg Char154.jpg Char155.jpg Char156.jpg Char159.jpg

皆で作ろうRACING43参加キットです。

資料が豊富だったので意気込みもあったんですが途中で指摘された「ノーズが極端に低い」点が気になり出して失速しちゃいました・・・。
相変わらずウィンドウの処理が下手過ぎてフロント・ウィンドウは硬化後に下の方が白くなってるのが目立つ。本来シャシー側に取り付ける構成になっていたダッシュボードをボディ側に接着したので、気がついても全部やり直す気になれずそのまま・・・。

フォグランプ・カバーの固定バンドは付けようと考えていて、どう作るかまで考えてたんですが下側はともかく、上側はポッドの谷間の幅が狭すぎて付けられないことに気がついたのでオミットしました。

筋彫りは結構埋まっちゃいましたね・・・。

やはり43は難しいです。
posted by ワタナベ at 12:45| 北京 | Comment(16) | TrackBack(0) | ギャラリー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする