2017年04月28日

細々と

毎度おなじみお茶濁し動画。



なんなんですかねぇ wwww スキーでコブ斜面をウェーデルンで越えて行く様に見えるのは私だけでしょうかね。

続きを読む
posted by ワタナベ at 12:05| 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | Ferrari 308GTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

オフ会

先週、毎年恒例の大学の用事で日本へ数日間だけ帰ってました。

で、まぁありがたい事にまたまたオフ会を設定いただきました。いつもいつも幹事していただく Ohtoro さんには感謝です。

今回は久々に会う方、(ネットでは知り合いだけど)初めて会う方もおり、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

料理の方は他のブログにお任せするとして、またまたテーブルの上に並ぶ作品の数々。

bj208.JPG

トップバッターはこちら。Ferrari 121 LM。同じキットを同じ人が作る。
赤の色味が微妙に違っているわけですが、それ以外にも私は気づきましたよ、ノーズの跳ね馬エンブレムが片方は金属板の上に貼った上で取り付けてあるのに、もう片方はボディに直接ペタリ。www

同時に作ったのではないのでその時の気分で変わったりするもんですかね。

bj209.JPG

Ferrari 512 s berlinetta speciale、いわゆるプロトすな。
完成はしばらく前だったのですが、私はブログ上でしか見たことなかったので持ってきてくれたのでした。

これね、Hi-Fi Model の曖昧模糊としたモールドやスジ彫りのキットをここまでシャッキリさせるのはスゴイですわ。ルーバーなんか全部抜けてて下が透けて見えますからねぇ。恐ろしい子っ!

bj210.JPG

Ferrari 250GT SWB ’Breadvan' てやつですな。

これはあえて何も申しません。そのうちどっか(静岡?)でお披露目あるようなので、まぁいろんなブログでも取り上げられるに違いありません(圧


bj211.JPG

Ferrari Abarth 166MM でいいんですかね。
あえてつや消しな塗装が渋いです。これね、撮り忘れたけどテールがまた面白いんですよ。
エキパイが片側2本づつ寄せて出てるんですけど、それとは別に真ん中よりに白いパイプが2本出てる。あれは一体どういう理由によるものなんだかさっぱりわからんのですけど、誰かご存知?

bj212.JPG

Ferrari 360 Spider 。

えぇ、隙のない作り。オープンモデルだと窓貼りの苦労が少なくていいのはその通りですけど、裏まで見えちゃうので実はごまかしが効かないんですよねぇ。


bj213.JPG

Mercedes 450 SLC Boss Wolfsburg-Berlin Rally 80。
Competition 43 のキットですか、チョイスがまた渋いじゃございませんか。

しかし知らなかったなぁ、あの缶コーヒーが80年頃に既にあったとは。(違


bj214.JPG

Citroen ZX。
色々苦労してるさまは某所で見てたんですが、きっちり完成。
この手のラリーレイドの競技車両ってどんどん名前と形がかけ離れていきますけど、この ZX はかろうじてまだ原型を留めてる感じですかね。

bj215.JPG

で、ここからは 1/24。
タミヤのスーパー7、某紙に載った報告記事を見て「あれ?こんなの作ってたんだ?」と言ったら持ってきてくれました。結構以前の作らしいですが。

bj216.JPG

ボンネットも外れます。ついでにノーズコーンも外せるらしいですが、酔っ払いが手元誤って壊すなんてのは容易に想像できるのであえてここは触りません。

bj217.JPG

McLaren MP4-12C。さっきブログ見たらこれ 2013 年に作ったんすね。
今まで直に見たことなかったのですが、これまた綺麗に作ってますなぁ。

私?今回は何も持っていきませんでした、なぜなら何も完成してないから w

続きを読む
posted by ワタナベ at 19:22| 北京 | Comment(10) | TrackBack(0) | 北京つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

ウィンドウばっか

たまにはブログ更新しないと忘れられてしまうので。
といっても今回の記事はほとんど同じ画像なので見ている方は面白みに欠けるかもしれません。作ってる方もツラいだけだったんですけどね。



というわけでお茶濁しの動画です。

この頃の F1 はよかったなぁ、とジジィは思うんですね。マシン自体もカッコいいし。
やっぱり今の F1 は見た目が私には無理ですわ。前後ウィングもそうだけど、ノーズとか超長いホイールベースとか、なんかバランス悪く感じちゃう。

最近の F1 から入った若い人達にはこういう感覚はないのかもしれませんけどね。
続きを読む
posted by ワタナベ at 17:25| 北京 | Comment(7) | TrackBack(0) | Ferrari 308GTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

ささっと塗装



のっけからつべ動画ですみません。

しかし、これおもろいすなぁ。ブロンクビストは流石って感じ。
こういうイコールコンディションのレースは観てて飽きないすわ。

続きを読む
posted by ワタナベ at 13:16| 北京 | Comment(8) | TrackBack(0) | Ferrari 308GTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

フロントウィンドウ

またしてもだいぶご無沙汰してしまいました。

いえね、これでもいろいろ家庭の事情がありましてね。
今度は義妹一家が北京の医者に彼らの子供を診せるってことでやってきてまして、1週間くらい居たりしたわけです。以前こっちで手術した関係で経過観察のためにまた来たわけです。
こっちは大豪邸に住んでるわけではないので一部屋明け渡すともう作業する場所なんかないわけで。実際場所があったとしても部屋にこもって模型製作なんて気が引けてできないですしね。

あと、義父が風邪引いて長引いてるので夜寝るのに一部屋丸々明け渡さないといけなかったり。義父はうちの息子の送り迎え要員としてずっとこちらに来てもらってるのでそれなりの待遇をしないといけないですしね。

そんなわけで前回サイドウィンドウのバキューム型を作りはじめましたけど、パテをこねるのにすらいちいちタイミングを見計らわないといけないのでなかなか進みませんでした。


話題はガラリと変わりますけど、たまたま見つけた動画



スゴいですねぇ。アリ・バタネン先生。

ていうか、コ・ドラ「Maybe」っつった!?ペースノート見てても自信ないの?





って初見で仰天したわけですけど、これね、後ほど知ったんですがドライバーがノリノリになっちゃってオーバーペースだったりした時に「抑えていけ」的な意味で言ってるらしいです。その割りにスタート前から言ってるので実際どうなんだかよくわかんないですけど。
英語って難しいっすね・・・・
続きを読む
posted by ワタナベ at 13:33| 北京 | Comment(4) | TrackBack(0) | Ferrari 308GTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

いいわけ

大変ご無沙汰しておりますお元気でしょうか。

だいぶ間があいてしまったんですが、違うんですよ奥さん。
ご存知の通り中国では春節という旧正月のお休みがありまして、その前後は学校はお休みになるんです。これが冬休み。日本だと正月前後の 2 週間くらいですけど、こちらは 1 ヶ月くらいになります。
その代わりに春休みはありません。2 学期制です。

で、春節前に日本へ帰り、戻ってから家人の実家へ行き、そこで春節明けたあとも 1 週間ほど滞在しておりました。家人は最後の 1 週間は先に北京に戻っておりましてね、私は幸か不幸か家人の実家の都市にもオフィスがある関係で普通に勤務できてしまうわけで。

で、日本へは子供が小学校に上がって以来毎年元旦近辺には帰れなくて(えぇ、休みではないので)、冬休みに行く習慣になっています。今年は私の両親を連れて西伊豆の土肥温泉に行って参りました。

DSC_0178.JPG

宿泊した温泉旅館ではオーシャンビューの部屋。西伊豆なので西向きなわけですが、到着したときちょうど日没の時間で、ずーっとみんなで眺めていました。なので日没写真はございません w


DSC_0177.JPG

で、ここは部屋の中に半露天風呂がありましてね。
もちろん、部屋側にロールスクリーンがあって入浴中は目隠しできます。で、外側の窓も開けられるようになってるので海を眺めながら入浴ができるという。

うちの父親は十数年前に手術して人工肛門になってる関係で、温泉に行っても大浴場なんかは気が引けて入れないか、誰もいないところを見計らってささっと入るようでしてね。ここなら気兼ねなく満喫できるのではないかという事で予約しました。

2017-01-23-05_48_36.jpg

部屋は無駄に広い w
手前がメインなんですが、奥にも窓のない茶室があります。同じタイプの部屋を二つ予約してあったので、これを両親だけで使うという。ww

食事も食堂・大広間のない旅館なので全て部屋出しで、量・質ともに文句なし。うちの子供は日本語が全くできないし、年に1回会うだけですが、ずっとうちの両親にじゃれっぱなし。自己満足ですけど親孝行できたかな、と。

と、これだけで終わると模型ブログっぽくないので無理やりネタを
続きを読む
posted by ワタナベ at 13:47| 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北京つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

窓やっぱり

お知らせです。

前記事のコメントでリンク申請のあった帰ってきたF1おやじモデラーをリンク集に追加しました。

あちらさんのブログには見覚えがあるんですよねぇ。F1 メインというか、F1 一本やりで記事を書かれています。ガレージキットの製作記事が比較的多く、私が手を出してない・積んでないキットがほとんどなのでなかなか興味深く見させていただきました。

後ほどあちらにもコメント入れてきます。既に RSS フィードには追加したので今後も更新あるたびに拝見させていただきます。

続きを読む
posted by ワタナベ at 13:33| 北京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | Ferrari 308GTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

吹き出し口

去年の話になるんですが、12月に日本へ帰った時に回収してきたブツのなかにベビメタのウェンブリーライブの BD がありましてね。それを見終わってなんとなく感じたこと。


「海外公演はなんか満足感が足りない」


えとですね、以前の Live in London にしても Metal Resistance の特典 DVD のメトロックの映像にしても、なんか観ててどうもしっくり来ない感じがしてたんですよ。その時々での(自分にとって)最新映像なのでもっと盛り上がるはずなんですが、それがない。で、今回の BD 観て原因がわかりました、




「ノリがオタじゃねぇっ!」


オタじゃねぇってのは語弊があるかな。なんつーか、合いの手とかがイマイチなんすよねぇどうしても。
やっぱ日本でのライブの方が面白いです。

興味ない人にはどーでもいい話でしたねスミマセン。

続きを読む
posted by ワタナベ at 12:24| 北京 | Comment(7) | TrackBack(0) | Ferrari 308GTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

微修正

というわけで 2017 年明けました。おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。


といってもですね、私の元旦はさっぱり正月ムードのないままでした。中国で一番南にある省、海南省へひょんなことから行って来たんですわ。どんな経緯か自分でもよくわかってないんですけど、なんかの特典つーか株主優待みたいなもんで宿泊無料らしくて、だけどその期限が 2016 年内だからもったいないし泊まらないと。なんつーわからん話しだったわけです。

で、その話し持ってきた家人は「飛行機キライだから自分は行かない」とか言って、息子と二人で3泊ばかりしてました。で、まぁ、宿泊先はコンドミニアムっていうと聞こえはいいけど、マンション郡の一棟を買いきってホテルとして営業してるようなとこで、Air B&B みたいな感じ。しかも基本的にジジババ向け施設らしいので地味な設備だけ。アミューズメントは「囲碁」とか w

そんなんで息子が満足するわけないのですが、「中国のハワイ」とか豪語する海南なので海で遊べればまぁそれでいいか、と。ところがですね

DSC_0165.JPG

どよーん



DSC_0166.JPG

どよーん



てな感じで滞在中ずっと曇り。気温もさして上がらず海水浴どころじゃありませんでした。
結局子供は午前中ずっと部屋で宿題。午後は砂浜で2時間ばかり遊ぶ。といった感じ。

宿泊した部屋はオーシャンビューでよかったけど、こんな天気じゃ、ねぇ?

まー海南にいた4日の間、北京は AQI がずっと 500 を越える超絶大気汚染状態だったようで、その点 AQI が 40 位だった海南に居たのは良かったと言えますけどね。

続きを読む
posted by ワタナベ at 13:37| 北京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | Ferrari 308GTB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

2016 年総括

はい、恐らく今年最後の記事です。

毎年やってますけど、2016 年の完成作品をズラリとリストにして総括するこの記事。
では、早速行ってみましょう。今年の完成品は



Porsche 917K 70' Spa-Francorchamps 24h



はい、これ一個です。orz

なんでしょうかねぇ、色々いじってたはずなんですけど完走したのはこれだけ。やっぱり性分的に複数に手をつけるとうまく進められないんですかね。あと、家庭環境的な問題もあってちょっと模型に時間割けない。この先数年はこのペースで推移しそうですなぁ。


というわけであまりにも簡単に記事が終わってしまうので、宿題をここで。
スタタと Racing43 のストラトスのプロポーション比較をしたところ、「Racing43 の 1/24 はどうなのか」というコメントを頂いたので、引っ張り出してきました。

308044.jpg 308045.jpg

比較対象はハセガワのストラトス。生憎私が持ってるのはストラダーレだけなんですが、まぁハセガワのキットはどれも同じでしょう。

横からみた感じは大体同じようにみえますね。スタタのようにルーフが潰れてることもない。

308046.jpg

前から見てみると Racing43 の方がやっぱりノーズが下がってる気がする。微妙なレベルですけど。



308047.jpg 308048.jpg

前後左右の比率は大体似たようなもんですかねぇ。
フロントウィンドウのサイズはハセガワが若干狭いかな?


308049.jpg 308050.jpg

これ、画像で比べてわからないかもしれないですが、Racing43 のはやっぱりノーズが低いです。
カウル上面の傾斜が急、といった方がいいか。

実はこの撮影のあと、Racing43 の方をノーズをグイっと若干上向きに曲げたんですが、かなり印象よくなりました。Racing 43 の 1/43 ストラトスのパカパカモデルはこの 1/24 の CAD データを流用してるなんて話を見たので嘘か本当かわかりませんけど、事実ならまともなプロポーションな気がします。

というわけで某氏には非パカパカモデルの方のノーズを持ち上げる処理して作成していただきたい。


それでは皆様よいお年をお迎えください。
posted by ワタナベ at 00:00| 北京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 北京つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする